編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

Linuxアプリケーションの隠れた逸品10選 - (page 4)

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-02-17 08:00

#9:MultiTail

 1つのウィンドウ内で複数のファイルに対するtailコマンドの結果が表示できたと考えてほしい。これがMultiTailの行うことだ。MultiTailは、Linuxの管理者が抱いていた夢を実現するものだ。複数(1つのウィンドウ内に配置できるのであれば、いくつでも)のログファイルを取り扱える機能により、MultiTailは複数のログファイルの末尾部分を垂直方向、あるいは水平方向に並べて表示でき、色を付けることもできるのだ。「muititail -s 2 /var/log/messages /var/log/security.log」というコマンドを実行することによって、messagesとsecurity.logというログが1つのウィンドウ内で左右に並べて表示されるようになる。MultiTailはとても簡単に使えるのだ。

#10:TinyCA

 認証局をコマンドラインから生成するには、キーボードから長いコマンドを複数入力する必要がある。TinyCAは、あなたに代わってこういった入力を行ってくれるアプリケーションだ。TinyCAは認証局の生成を楽に行えるようにしてくれるわけだ。TinyCAを用いることで、認証局やその下位認証局の他、多言語に対応したサーバ証明書やクライアント証明書をいくつでも作成することができるのだ。あなたの会社のIT部門が認証局管理ツールを必要としているのであれば、まず最初にTinyCAを検討してほしい。TinyCAはオープンソースであり、Perl/Gtkで記述され、OpenSSLを用いて動作するようになっている。

あなたの知っている隠れた逸品は?

 あなたも、他の人が聞いたこともないツールを少なくとも1つくらい知っているはずだ。管理者が知っておくべき隠れた逸品をご存知なのであれば、コメント欄で教えてほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]