ようやく他のブラウザに追いついたSafari 4のセキュリティ

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年02月26日 10時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何年もの間、重要なセキュリティ機能については後れを取っていたAppleだが、同社はようやく最新のSafariにマルウェアブロッカー、フィッシングフィルタ、EV(Extended Validation)証明書のサポートを組み込んだ。

 Safari 4のセキュリティ機能のリストの見出しの中にはマルウェア保護機能あり、このリストにはクッキーのブロック、プライベートブラウジング、暗号化、安全なダウンロード、ペアレンタルコントロールなども含まれている。

 (参照:PayPal: If a browser doesn't have anti-phishing technology (like Safari) ditch it

 Appleは過去に、Safariに基本的なセキュリティ機能を組み込んでいないことで厳しく非難されていた。Pay Palの最高情報責任者(CIO)Michael Barrett氏は、エンドユーザーに対し、保護機能が欠けているSafariの利用は避けるべきだと勧めることまでしている

 しかし、Appleはようやく追いついたようだ。ある情報提供者によれば、一番重要なマルウェアブロック機能には、Googleの悪意のあるサイトのブラックリストが使われており、ユーザーが既知のマルウェアを持っているサイトを訪問した場合には警告が表示される。

 MicrosoftのInternet Explorer、MozillaのFirefox、Operaは、すべて同様の警告を表示する機能を持っている。

 EV証明書がサポートされたことは重要だ。これによって、ウェブの利用者は簡単に正規のウェブサイトや企業を見分けることができる。EV証明書を持っているサイトに対しては、Safari 4はアドレスフィールドの右側のサイト名の部分が緑色で表示される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算