編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「IE 8.1」リークの報道は、エイプリルフールネタ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-04-01 13:29

 エイプリルフールの冗談ネタはあまり好きではなく、毎年、エイプリルフールを狙って登場する記事から、事実のみを取り出すのが難しくなっていると感じる。良い例が、今年の“「Internet Explorer 8.1(IE 8.1)」がリーク”という偽情報を報じたこのブログだ。

 この記事をざっと読んでみたところ、IE 8.1リークといううわさは事実のように見える。もちろん、ここでうわさされている開発コード名「Eagle Eye」のIE 8.1はまだ不安定に見えるが、Acidテストへの対応強化、JavaScriptの性能が高速化などの機能は、うっかり信用してしまいそうになる。記事の作者の経歴をクリックしてみて、IE 8.1のコードがリークしたのではないと確信した。Jacob Gudeと名乗る作者の経歴は、以下の通りだ。

 Jacob Gudeはニューヨークダンスカンパニーのプロのコンテンポラリーダンサー。Steve Jobs氏のフォローワー(兼ストーカー)でもあり、普段は地元のStarbucksでMac Book Airを使って.NETアプリケーションを開発している。もし必要があると感じるなら、Twitterでフォローできる。

 Microsoftの代表者に確認したところ、やはりこのIE 8.1に関する報道は偽だった。Microsoftの代表者は次のように述べている。「この記事はエイプリルフールの冗談か、完全に不正確な報道であることに間違いありません」。

 一方で、こちらのWebブラウザ関連の報道は、冗談ではなさそうだ。「Firefox、欧州で人気ナンバー1のWebブラウザに」--StatCounter調べ

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]