使える!無償のセキュリティツール10選

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2009年04月07日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 あなたのシステムを守るための素晴らしい製品が数多く出回っている--そして、それらの中には無償で使用できるものもあるのだ。そこで以下に、セキュリティ上のさまざまな脅威からあなたの身を守ってくれる、人気の無償ツールを10個紹介する。

 PCのセキュリティは今や、ダークサイドに堕ちた者達のお陰で一大産業となっている。あなたがPCのセキュリティ対策ツールとして何を選ぶのかは、金銭的な面よりもシステムの形態によって大きく左右されるはずである。とは言うものの、一般的な家庭用パソコンや、ちょっとしたビジネス向けのパソコンであれば、十分使える無償のセキュリティ製品が数多く存在しているのだ。こういった製品のほとんどには、より多くの機能が搭載された有償版が用意されており、多くのユーザーはゆくゆくはアップグレードする--それこそ、こういった企業が製品を無償で提供できている理由なのだ。

 貴重なお金を投じて高価なセキュリティ製品を購入する前に、以下の無償ツールを検討してみてほしい。

#1:AVG Anti-Virus Free Edition

 おそらく「AVG Anti-Virus Free Edition」は、最も人気のある無償のウイルス対策ソフトウェアだと言えるだろう。これはウイルスとスパイウェアのいずれからもあなたのシステムを守ってくれる。AVGの無償版は当初、安定しており、効果的であった。しかし、ダークサイドのフォースが力をつけるにつれ、AVGは少しずつ後手に回りつつある。とは言うものの、他の製品(特に下記の2番と3番で採り上げているもの)と組み合わせることで、今でも素晴らしい効果を期待することができる。ただし、AVGだけに頼るようなことは避けるべきである。

#2:Malwarebytes

 「Malwarebytes」はマルウェア対策ソフトウェアである(マルウェアとは、悪質な意図を持つコードの総称である)。残念なことに、マルウェアはコントロールパネル上に姿を現すことがないため、いったんインストールされてしまうとアンインストールする術がないのである。またこういったマルウェアはたいていの場合、削除されても該当ファイルを再びダウンロードし、インストールするようなヘルパプログラムも仕掛けるようになっているのである。マルウェアにはウイルスやワーム、ルートキット、スパイウェア、トロイの木馬といったものがある。こういったものは進化し続けており、その検出や除去は難しくなってきている。Malwarebytesは、マルウェアの検出と除去を行うプログラムの中で(有償版か無償版かを問わず)、最も優れたものの1つとなっている。

#3:Spybot - Search & Destroy

 スパイウェアというものは、あなたのインターネットアクティビティを追跡し、マーケティングに利用できる情報を蓄積する。そしてこういった情報は、あなたの知らないうちに広告会社に販売されることになるわけだ。もしもあなたのブラウザに見慣れないツールバーが追加されていたのであれば、スパイウェアによってあなたの行動が監視されている可能性が高い。またこういったプログラムの中には、あなたのブラウザのホームページを乗っ取り、彼らのシステム経由でインターネット閲覧を行わせるように仕向けるものもある。スパイウェアすべてが破壊的な行為を行うというわけではないものの、たいていのものはパフォーマンスに影響を与える。もしもあなたのシステムが急に遅くなったと感じたのであれば、スパイウェアに感染している可能性が高いだろう。「Spybot - Search & Destroy」はスパイウェアの検出および削除を行ってくれるソフトウェアであり、他の多くのマルウェア対策ソフトウェアが対応していないスパイウェアにも対応している。

備考:上記の1番から3番までの製品を組み合わせて使うことで、たいていのシングルユーザーシステムにおいて十分な保護対策を講ずることができるはずである。また、これらの製品は使いやすく、特殊な技術知識が不要となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]