編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、CCIツールをオープンソースとして公開

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-04-17 12:23

 Microsoftは今週より、OSI承認のオープンソースライセンス「MS Public License(Ms-PL)」の下でCCIコードを公開している。

 Microsoftでは、CCIを「コンパイラや関連プログラミングツールが共通して備えていることが多い機能の一部を提供するコンポーネント(ライブラリ)セット」と説明している。このコンポーネントセットは、「Microsoft Common Language Runtime(CLR)」アセンブリの読み込み、書き出し、管理が可能で、ファイルをデバッグできる。

 Microsoft自身も、社内でCCIを利用して、FxCopやSpec♯など、さまざまなプログラミング言語と他のツールを開発している。

 Microsoftは4月初めに、Ms-PLライセンスを利用して、「ASP.Net Model View Controller(MVC)」もリリースしている。

 アップデート:CodePlexで紹介された新しいオープンソースツールといえば、Facebook APIクライアントもアルファとして公開されている。このツールは、LiveCashソーシャルエンジニア(自称“.NET愛好者”)Daniel Schaffer氏が開発した興味深いツールで、「Microsoft .NET技術スタックに詳しい開発者や開発部門が、サードパーティのFacebookアプリケーションを開発するのを容易にする」ことを目的としている。同ツールもMs-PLライセンスの下で公開されている(.NET開発者が興味を持ちそうなWeb 2.0ツールを集めた便利なリストを作成したScott Hanselman氏に感謝の意を表したい)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]