コンピュータ機器を安全に処分するうえでの10個のティップス - (page 3)

文:Chad Perrin (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-04-28 08:00

#6:詳細を記録し、保存しておく

 コンピュータ機器を処分する作業に複数の人間がかかわっている場合であっても、作業の進捗は特定の責任者が管理、記録しておくべきである。そうすることで、何か問題が発生した際に、実際に起こったことや、問題の深刻さについて、誰に聞けばよいのかが明確になる。また、作業完了日時も記録しておくべきである。さらに、作業対象のコンピュータ機器の仕様や、移送先、そして(必要があれば)減価償却後の価額と再調達価額など、詳細な記録も網羅しておくべきである。

#7:作業を後回しにしない

 処分する必要のある機器をただ「保管」しておくだけではいけない。そういった機器が数週間や数カ月間、あるいは数年間も放置された挙げ句、そこに保存されている機密データを盗まれ、組織のセキュリティが脅かされるという事態は避けなければならない。このため、処分作業は最優先で行うべきだろう。また、そういった機器を稼働させ続けるということがあってもいけない。使用していないシステムをネットワーク上で稼働させ続けることで、クラッカーやマルウェアの餌食になりたいとは思わないはずだ。

#8:ネットワーク機器の設定を消去する

 マネージドスイッチや認証用のシリアルコンソールサーバ、その他の「賢い」ネットワークインフラデバイスには、悪賢いクラッカーがあなたのネットワークや、そのネットワークに接続されているシステムに侵入するための最短の手段についての手がかりを含んでいる場合があるのだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]