編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Google Androidが900%の成長で大躍進へ」--2009年スマートフォン市場調査

文:Andrew Nusca(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-14 07:00

 Strategy Analyticsのリポートによると、モバイルOSの「Google Android」が2009年に、Appleの「iPhone OS」をも追い抜き、最も勢いよく勢力を拡大するスマートフォンOSとして900%の成長率を達成しそうだという。

 米国時間5月11日付けのリポート「Global Smartphone Vendor Market Share by Region: 2008」によると、iPhone OSは2009年、世界において2番目に高い成長率の79%を記録するという。

 Androidの驚くべき成長率は、ベンダー、開発者、通信事業者の後押しによるものだと、同リポートには書かれている。

 「GoogleのモバイルOSであるAndroidは2008年後半に米国で注目を集めた。2009年は欧州とアジアでプレゼンスを増すことになる」(同リポート)

 リポートには、HTC、Motorola、サムスン、T-Mobile、Vodafoneなどの製造側のサポートに加え、比較的低コストなライセンスモデル、セミオープンソースな構造、クラウドサービスのサポートがAndroidの追い風になると書かれている。

 Strategy Analyticsのディレクターを務めるNeil Mawston氏は声明で「Androidは今後2〜3年間のうちにスマートフォン分野のトッププレイヤーを狙える、有利な位置につけている」とする。

 同リポートはまた、RIMのBlackBerry OSが2008年に、Microsoft Windows Mobileをおさえ、2番目にシェアの高いスマートフォンOSとなったと指摘している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]