編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アップルがようやくJava for Macの古い脆弱性を修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-06-17 04:09

 Appleがようやく、上流では6ヶ月前に修正されていた複数のセキュリティホールを修正するJava for Macのアップデートを公開した。

 このパッチは、開発者グループがAppleをパッチの公表に追い込むため、このセキュリティホールの深刻さを示す概念実証コードをリリースしてから3週間後に公開されたものだ。

 米国時間6月15日に公開されたパッチでは、次の項目が修正されている。

(参照:Mac OS XのJavaに攻撃コード -- 半年前から公知になっていながら未パッチ

  • Java 1.5.0_16には複数の脆弱性が存在し、その中でもっとも深刻なものが悪用されると、信頼できないJavaアプレットが高い特権を得ることができる可能性がある。悪意を持って作成された信頼できないJavaアプレットを含むウェブページを閲覧すると、現在のユーザーの特権による任意のコードの実行につながる可能性がある。これらの問題は、Java 1.5をバージョン1.5.0_19にアップデートすることで修正される。
  • Java 1.4.2_18には複数の脆弱性が存在し、その中でもっとも深刻なものが悪用されると、信頼できないJavaアプレットが高い特権を得ることができる可能性がある。悪意を持って作成された信頼できないJavaアプレットを含むウェブページを閲覧すると、現在のユーザーの特権による任意のコードの実行につながる可能性がある。これらの問題は、Java 1.4をバージョン1.4.2_21にアップデートすることで修正される。さらに詳しい情報は、Sun Javaウェブサイトで提供されている。

 ライセンスやその他の細かい問題のため、AppleのJava for Macのアップデートは常に遅れる。もしかすると、SunがMac Runtime for Javaを標準的なJavaのコードベースに統合し、自らJava for Macを出荷すべき時期に来ているのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]