編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

あなたの周りにもいるかもしれない最凶の生物--ITマネージャー編 - (page 2)

文:Jeff Dray(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-06-30 08:00

#3:プロキュレーター・テフロニウス(Procurator Teflonius)

和名:「コゲつかない」マネージャー

 トニー・ブレア英国前首相は、コゲ臭いスキャンダルとはいっさい縁がなかったため、しばしば、「テフロン・トニー」と呼ばれていた(テフロン加工されたフライパンについたコゲが簡単に落ちるように、彼に対する非難は長続きしなかったのである)。彼はおそらく、この地球上で生息しているプロキュレーター・テフロニウスの最終進化形なのだろう。しかし悲しいことに、目を付けられにくいという優れた性質を持っているため、この種は近い将来において繁栄を謳歌することになりそうである。

 プロキュレーター・テフロニウスは「なで肩」体型をしているため、どのような非難もその身の上に留まり続けることができないのである。こういったマネージャーは、ストレートな質問を投げかけられたとしても、ストレートな答えを返そうとはしない。まるで軍法会議の場でその答えが証拠として採用されることを予期しているかのようである。そして何か問題が起こると、こういったマネージャーは決まって、その時その場に居合わせていなかったという証拠を持ち出してくるのである。この手のマネージャーは、あなたがその決断の犠牲者となっている場合には危険な存在となり、そうでない場合であったとしてもどちらかというと不愉快な存在、あるいは穀潰しに感じられるはずだ。プロキュレーター・テフロニウスと打ち合わせを行う際には、常に懐にボイスレコーダーを忍ばせておくことをお勧めする。

#4:プロキュレーター・アブセンシア(Procurator Absentia)

和名:「失われた鎖」マネージャー、あるいは「マネージャーって何?」

 みんなが彼を探してる。最初はこちらで、次にはあちらで。
 職員みんなで探してる。みんなであちこち探してる。

 このマネージャーは絶滅の危機に瀕している。会社がリストラを行う場合、前線で働いている従業員よりもこのタイプのマネージャーを真っ先にクビにしてコスト削減を図るのだ。このようにすることで、重要なスキルが失われるという事態も避けられるのである。

 私が現実世界でプロキュレーター・アブセンシアに遭遇した時の話をしてみよう。何年も前、私はTimという若く、感じの良いマネージャーと仕事をしたことがある。彼は作業場所が異なっている2つのチームのマネージャーを務めていた。ある時彼はわれわれ(数名のチーム)の前に現れ、その日は問題が発生しているもう一方のチームで作業をする予定だと告げた。どうやらわれわれは信頼されており、作業の進捗も順調であると思われている一方で、もう一方のチームは絶えず監督する必要のある無能な集団であるようだった。

 その後、われわれのチームで緊急事態が発生したため、彼に相談するためにもう一方の作業場所に電話を掛けたところ、驚くべき事実が発覚したのだ。向こうの担当者が言うには、彼はわれわれのチームが無能で、絶えず監督する必要があるため、こちらで作業していると言っていたのだ。彼の嘘は、当時まだ携帯電話が普及していなかったがために露見したわけである。彼はというと、どうやら双方のチームの面倒を見ることを放棄し、ゴルフに興じていたようである。ごめんよ、Tim。この記事を読んでいるのなら、ここではっきり書いておくけど、われわれはずっと前から知っていたんだよ!

#5:プロキュレーター・インシグニア(Procurator Insignia)

和名:「権威ひけらかし」マネージャー

 このマネージャーは肩書を刻んだプレートを机の上やオフィスのドアに掲げたり、それに類するバッジを胸に光らせている。さらに、許されるのであれば、肩章を付けたり、ジャケットの袖口の部分に金の縁取りを縫い付けることで階級を誇示しようとするのである。プロキュレーター・インシグニアは驚くほど身勝手であり、部下に自らの車を洗わせたり、ドライクリーニングを受け取りに行かせたりするのだ。このことに疑義を唱えると、オフィスのドアに掲げられたプレートを指さし、「私にはその力がある」という決定的な台詞を口にするのだ。

 このマネージャーは自らが呼ぶところの「私のスタッフ」から例外なく無視される傾向にある。また、プロキュレーター・イリジティマス・マキシマスと同様、問題を起こした時には誰からも助けてもらえないのである。両者の大きな違いとして、プロキュレーター・インシグニアの物まねをした方がウケが良いという点を挙げることができるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]