編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows 7、国内での法人向けライセンス販売は9月1日から--早期割引キャンペーンも開始

大河原克行

2009-07-27 21:23

 マイクロソフトは7月27日、Windows 7の法人向けボリュームライセンスの販売を、日本でも9月1日から開始すると発表した。これに合わせて、法人向け早期アップグレード割引キャンペーンを開始することも明らかにした。

 同社では、7月22日に、Windows 7のRTM(Release To Market)版が完成したとして、Windows 7の開発完了を正式に発表。10月22日の一般向け販売に先駆けて、9月1日から企業向けボリュームライセンスの販売を開始することを米国では明らかにしていた。日本でも同日に法人向けボリュームライセンスが発売となる。

中川哲氏 マイクロソフト、コマーシャルWindows本部本部長の中川哲氏

 マイクロソフト、コマーシャルWindows本部 本部長の中川哲氏は、「製品として出荷するには申し分のないレベルまできている。すでにWindows 7の開発は終了し、現時点では生産工程に入っている」と、完成度の高さと、発売に向けたスケジュールが予定通り順調に進んでいることを改めて強調した。

 9月1日から始まる「法人向け早期アップグレード割引キャンペーン」は、2010年2月までの期間限定で実施するもので、「Windows XP Professional」および「Windows Vista Business」ユーザーを対象に、「Windows 7 Professional アップグレード」を、1万9800円の優待価格で提供。さらに通常は有償で頒布しているインストールディスクと、インストール方法を解説した「インストールガイド(仮称)」をプレゼントする。

 中川氏は、「現行のWindows Vistaアップグレードの参考価格が2万2600円。また、Windows 7の通常のアップグレードライセンス価格は2万4600円。この点からもお得なキャンペーンであることがわかるだろう。当社の調べによると、法人市場の2台に1台のPCは、Windows 7へのアップグレードが可能であり、今回のキャンペーンによって、Windows VistaおよびXPユーザーを、早期にWindows 7にアップグレードできるように支援していく」とした。

 マイクロソフトでは、2009年2月20日から「法人向けWindows 7先行優待キャンペーン」を実施。当初、6月30日までだった期間を8月31日まで延長している。つまり、同キャンペーンの終了とともに、今回発表した新キャンペーンが継続的に実施されることになる。

 現在実施中の法人向けWindows 7先行優待キャンペーンでは、過去1年以内にPCを購入した場合など、優待価格でWindows 7 Enterpriseを購入できる3つのプランを用意している。SA(Software Assurance)単体による購入の場合には、1万2000円の優待価格で入手できる。

 「キャンペーン効果もあり、SAの販売実績は対前年比で220%となっている。Windows 7に対する企業の高い需要を、開発完了前から手応えとして感じることができている」(中川氏)

 発表会では、Windows 7の法人向け製品の提供形態についても説明された。「Windows 7 Enterprise」は、SAおよびEA(Enterprise Agreement)によるボリュームライセンスによる提供のみ。「Windows 7 Professional」はOEM、店頭パッケージ、ボリュームライセンスによる提供が行われる。また、8月1日時点で有効なSA/EA契約を持つユーザーはWindows 7の契約が取得でき、Windows 7英語版のダウンロードが8月7日から行えることなどが明らかになった。日本語版のダウンロードについては、順次提供するとしている。ダウンロードサイトは、TechNetMSDNVLSCとなっている。

法人向けWindows 7の提供形態 法人向けWindows 7の提供形態。Enterpriseはボリュームライセンスのみでの提供となる

 さらに、ボリュームライセンスプログラムのひとつとして、インストールディスクキットを、9月1日から3000円で頒布するほか、9月以降、Windows 7 Enterprise日本語版の90日間評価版を無償で提供する。

 会見では調査会社であるアイ・ティ・アールのシニア・アナリストである生熊清司氏が登壇。Windows 7導入によるコスト削減効果について、同社の調査結果を説明した。

生熊清司氏 アイ・ティ・アール、シニア・アナリストの生熊清司氏

 同社の調査によれば、従業員1755人、売上高386億円、約1500台のPCが導入されている中堅企業において、Windows XPからWindows 7に移行した場合、新OSの導入コストを含まない場合では、3年目には65%のコスト削減効果があり、OSの費用を加えた場合でも7%のコスト削減になるとの結果が出ているという。

 「Windows XPのサポート期限が2014年4月までであることを考えると、1000台単位のPCの移行には半年から1年のリードタイムが必要であり、2012年ごろまでには決断してなくてはならない。いつかは新OSへの移行の決断をしなくてはならないものであり、新OSの導入コスト負担はいずれにしても避けては通れない。そのコストを含めても、新OSへの移行はコスト削減につながる」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]