編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デル、同社のストレージ事業を支える「仮想化環境での優位性」を説明

大河原克行

2009-08-24 18:12

 デルは8月24日、同社のストレージ戦略について、報道関係者を対象に説明会を実施した。

 同社では、「DELL|EMC」「PowerVault」のストレージ製品に加えて、2007年に買収した「EqualLogic(イコールロジック)」製品を市場投入しており、ストレージ事業の拡大を図っている。

Travis Vigil氏 Dell、デルストレージシニアマネージャのTravis Vigil氏

 「iSCSIストレージプラットフォームでは世界第1位。WindowsとLinuxのストレージプラットフォームでも世界第1位となっている。EqualLogicを買収して以降、ストレージ事業の売上高は100%増加しており、この第1四半期の売上高成長も前年同期比75%増となっている」(Dell、デルストレージシニアマネージャのTravis Vigil氏)とするほか、「競合ストレージベンダーが、2009年第1四半期実績で、相次ぎ対前年比2桁のマイナス成長となっているなか、オープンストレージ分野において、Dellは唯一プラス成長を維持しており、最も勢いがあるストレージベンダーだといえる。また、DELL|EMC、EqualLogic、PowerVaultのすべての製品でiSCSI対応を図っており、iSCSI-SANの市場創出をリードしている」(デル、ラージ・エンタープライズマーケティング、ジャパンマーケティング本部シニアブランドマネージャの小松原真一郎氏)とする。

 デルのストレージが高い実績を誇っている背景には、仮想化環境における優位性があると、Vigil氏は語る。

 「EqualLogicは、仮想化において、複数のノードやデバイスを管理することがないため、管理コストを大幅に削減できる。またひとつの仮想化プールにおいて、複数の世代のハードウェアを共存させながら運用管理し、コストを削減できる。EqualLogicを仮想化ストレージとして導入することで、調達コストを最大71%、運用コストを最大75%削減できる」(Vigil氏)

小松原真一郎氏 デル、ラージ・エンタープライズ マーケティングジャパンマーケティング本部シニアブランドマネージャの小松原真一郎氏

 また、「Dellが主要な仮想化ソリューションにおいて、スナップショットを統合するなどの緊密な関係を取れるのは、サーバ事業において、VMWareを最も販売しているベンダーであり、マイクロソフトのHyper-Vにおいても同様であることが影響している」(デル、システムズ・ソリューションズ統括本部イコールロジックビジネス本部本部長の小島由理夫氏)とする。

 Gartnerの調査によると、中規模企業においては、2015年までに全サーバの仮想化を計画している企業が70%に達し、さらに、75%のユーザー企業がサーバ仮想化を視野に入れてストレージの再設計を開始しているという。「今後、仮想化をベースにしたストレージ導入が、さらに加速することになる」(Vigil氏)というわけだ。

小島由理夫氏デル、システムズ・ソリューションズ統括本部イコールロジックビジネス本部本部長の小島由理夫氏

 加えて、ファイバチャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)に関しても言及。「FCoEは、iSCSIと競合すると見ている人もいるが、Dellは補完するものであるとの見解を持っている。というのも、10GビットEthernetに移行するための橋渡し、あるいはステップのひとつだと見ているからだ。実際、ユーザーの声を聞いても、長期的にFCoEを使用するとしたユーザーは25%に留まり、残りのユーザーは、FCoEを介して、将来的にiSCSIへの移行や、ハイブリッド環境での利用を考えている」などとした。

 また、ヒューレット・パッカード(HP)が発表した中堅・中小企業向けのHP LeftHand P4000 SANソリューションについてもコメントし、「EqualLogicは、各ノードにデュアルコントローラを持っているのに対して、HPのLeftHandは、シングルコントローラとなっている。EqualLogicと同じ可用性を実現しようとするのであれば、2つあるいは3つのノードを持つ必要がある」などとした。

 また、2009年後半には10Gビットイーサネットへの対応を図るとし、「10Gビットの環境においても、同等の8Gビットファイバチャネル構成と比較して、最大で71%のコストを削減できる」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]