マイクロソフト、携帯電話向けアプリケーション実行ソフト「OneApp」を発表

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2009年08月25日 08時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月24日、新興市場のユーザーが、インターネットで提供されるさまざまなプログラムにローエンドの多機能携帯電話を用いてアクセス可能にする新モバイルソフトウェアを発表した。

 「OneApp」という同ソフトウェアは、2009年内のリリースが予定されており、しばしば新興市場において20ドルや30ドルの低価格帯で販売されている携帯電話機からでも、「Facebook」や「Twitter」、Microsoftの「Windows Live Messenger」などのサービスへとアクセスできるようになるという。Microsoftは、南アフリカのBlue Label Telecomsが、OneAppを採用する初のキャリアとなり、OneAppにて実現するモバイル決済プログラムやソーシャルネットワーキングツールなどの各種モバイルアプリケーションに対応した携帯電話が出荷されることになる。

 OneAppはOSとは異なるものの、その上で数多くの種類のプログラムを実行できるソフトウェア環境となる。Microsoftによれば、OneAppのカギを握るのは、各種アプリケーションおよびデータが、主にクラウド環境にて実行されるという点である。つまり、OneAppは、メモリや処理能力の限られた携帯電話機でも動作することを意味しているという。OneAppの容量は、わずかに150Kバイトほどに抑えられ、Mバイトクラスのサイズになるスマートフォン向け各種プログラムとは対照的である。(OneApp対応の)個々のアプリケーションのサイズも、10〜15Kバイトと小さくなっている。

 Microsoftで新興市場に特化して、その「無限の潜在性」を模索する部門のコーポレートバイスプレジデントであるAmit Mital氏は「アプリケーションを立ち上げる時でも、(OneAppでは)目的のアプリケーションを部分的に読み込むだけである。非常にインテリジェントで洗練されたキャッシュが用いられ、残るほかの部分はクラウド上にあるのだ」と語っている。

 Microsoftは、これまで1年半に渡ってOneAppの開発に取り組んできており、新興市場において、現在はソフトウェアを実行させる目的で用いられていないものの、数億台規模の多機能携帯電話機が存在する点に着目してきた。

 Mital氏は「(新興市場の)ユーザーは携帯電話機を音声通話とSMSメッセージ以外には活用していない。それゆえに、もっと携帯電話の能力を引き出して、さらに幅広い分野のサービスやアプリケーションで活用されるようにしていきたいと考えている」と述べた。

 こうした展開は、Microsoftもスマートフォン市場において、Apple、Google、Research In Motion(RIM)や他のメーカーからの激化する競争にさらされ、苦闘を強いられている状況にも起因している。Microsoftは、OneAppが「Windows Mobile」の開発とは異なる路線を取ることを示している。

 Mital氏は、今後もWindows MobileがMicrosoftのスマートフォン戦略の核となり、OneAppはWindows Mobileに付随する存在に過ぎないのであって、先進国ではなく、主に新興市場をターゲットにしたものであることを強調した。

 OneAppは、現時点での開発途上国の市場に向けたMicrosoftの戦略を担うものである。より長期的な観点からは、Microsoftは「Phone Plus」というコンセプトに取り組んでおり、スマートフォンをテレビやキーボードに接続して、一種の基本的なコンピュータとしての役割を果たさせるプロジェクトを進めている。

 さらに、MicrosoftはOneAppを活用して、Sun Microsystemsの「J2ME」向けに記述されたアプリケーションに対抗しようとしている。

 Mital氏は、OneAppの大きなアドバンテージとして、OneApp向けに記述されたプログラムであれば、ほとんどのOneApp対応の携帯電話機で問題なく動作するゆえに、Javaよりも優位であると指摘している。

 Microsoftは現在、一部のパートナーと直接連携してOneAppを開発している。しかし、同社は最終的にはOneAppプログラムの開発を可能にするソフトウェア開発キット(SDK)をリリースする計画である。Mital氏によると、OneApp向けプログラムはXMLやJavaScriptなどのツールを使用して書くことができるという。「世界は、別の新しいプログラミング枠組みを必要としていない。われわれは既存のプログラミング枠組みを使用すると固く心に決めている」(Mital氏)

OneAppのモックアップ画像 提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]