編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

中堅・中小企業のためのPCセキュリティ:各社製品の特徴をまとめる - (page 3)

岩上由高(ノークリサーチ)

2009-09-03 11:19

トレンドマイクロ「Trend Micro ビジネスセキュリティ6.0」

 「Trend Microビジネスセキュリティ6.0」は、「ウイルスバスター」でユーザーにも広く知られるトレンドマイクロが中堅・中小企業に提供する、クライアントPCを主な対象とした統合セキュリティ対策製品である。

 社内に管理サーバを設置して運用するタイプで、豊富な機能を揃えている。中でも同社が力を入れるのが「Smart Protection Network」という総称で呼ばれるサービス活用による対策だ。

 ファイルレピュテーション技術を活用した「スマートスキャン」に加え、ユーザー環境で発見された脅威をリアルタイムでフィードバックする「スマートフィードバック」も備えている。

 こうした仕組みにより、ユーザーの負担軽減と迅速、確実な脅威の検出を両立させている。ウェブアクセス時にも「Webレピュテーション」を適用することで、不正サイトへのアクセスを未然に防ぐ仕組みを備えている。さらに、検索結果に並んだウェブサイトを評価し、各サイトの安全度を色で表示してくれる「Trendプロテクト」という機能も利用できる。(「Trendプロテクト」は利用可能なクライアントOSに若干の制限がある)

 管理面においては「危険度の高いアプリケーションの導入/利用を禁止できる機能」や、「設定をインポート/エクスポートし、同一設定のクライアントPCを容易に複数台展開できる機能」「グラフィカルなレポーティング機能」などを備えている。ネットワーク面においては「社内/社外といったロケーションを自動認識し、状況に応じた防御機能を実行する」といったことも可能だ。

 もちろん、マルウェア対策も豊富な機能を備え、「レジストリアクセスなどの不穏な挙動を監視する」といった未知の脅威に対する防御への配慮もなされている。

 中堅・中小企業市場で高いシェアを誇る「ウイルスバスター」を擁する同社の最新スイート製品であるだけに、今後広く普及する可能性を秘めた製品といえる。

参考

Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0の特徴(画像をクリックすると拡大します) Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0の特徴(画像をクリックすると拡大します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]