編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

SaaS、PaaS、IaaSの相互接続と分業を促進--ネットワンが業界団体設立を表明 - (page 2)

大川淳

2009-09-10 21:31

 CBAが整える「SaaS/PaaS/IaaSイネーブル・フレームワーク」で3者間の相互接続が実現するとともに、オープンスタンダードなクラウド環境に則ったクラウドサービスを構築することが可能になる。

 CBAが構想するように、SaaS、PaaS、IaaSの3者が円滑に相互接続できるようになれば「ユーザーの状況や要望に応じて、サービスの提供環境を意識せずに必要なサービスを使える。たとえば、プライベートクラウドでサービスを供給していた企業が、ユーザーの増加に伴いパブリッククラウドを追加することなどが可能になる」(澤田氏)という。

 SaaS、PaaS、IaaSの相互接続の実現は、これら3者の明確な分業化を促進するだろう。

 SaaS事業者は、サーバ環境を選択しやすくなることで、アプリケーションあるいはサービスに専念することができる。PaaS事業者は「1つのデータセンターに障害があっても、別のデータセンターに迅速に切り替えるなど、危機を回避できる」(エクシード代表取締役 鈴木義則氏)というような利点があるという。

 ビジネス展開への支援では、「SaaS/PaaS/IaaSイネーブル・フレームワーク」の実装を実行した後、機能要件、業務要件、マーケティング要件に基づき、標準仕様を検討していく予定だ。さらに、課金や請求といった共通業務の標準化を図り、エンドユーザーに対しては認証やセキュリティ面での一元化を図る。

 これらは、国内のIT事業者がクラウドサービス事業に進出しようとする場合の障壁を取り除き、ユーザーの利便性の向上を実現するための施策だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]