編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

Windows XPユーザー必見--Windows 7への移行で知っておくべき10のこと(前編) - (page 2)

文:Greg Shultz(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-09-29 08:00

#3:マルチブート環境の構築を検討しておく

 カスタムインストールを検討する際には、マルチブート環境の構築という選択肢も考慮すべきである。コンピュータの起動時にWindows XPとWindows 7のいずれかを選択できるようにしておくことで、設定やドキュメント、アプリケーションの移行面で多大なメリットをもたらすことができる。具体的には、Windows XPで何らかの設定内容を確認した後、Windows 7を起動して同じ内容に設定するということもできるはずだ。Windows XPの設定をすべてWindows 7に移行し終えた段階でマルチブート環境を廃止し、Windows 7のみが起動されるようにしてから、Windows XPを削除すればよい。

 こういったマルチブート環境を構築するには、Windows XPとWindows 7を同一ハードディスク上の別々のパーティションにインストールしておく必要がある(Windows 7をセカンダリハードディスク上にインストールした場合、ブートバーティションはプライマリハードディスク上に格納されているため、XPが不要になってもプライマリハードディスクを取り除くことができない)。このため、Windows 7用のパーティションを作成しようとした場合、ハードディスクの再パーティショニングを行う必要がある。なお、Norton PartitionMagic 8.0(小売価格およそ70ドル)やEaseus Partition Master Home Edition 4.0.1(無償で入手でき、CNET編集者による最近のレビューで星4.5個の評価を得た)を始めとするパーティション管理ソフトウェアを利用することで、データを破壊することなく再パーティショニングを行うことができる。

#4:データのバックアップ/復元戦略を策定しておく

 あるOSから他のOSに移行するにあたっては、全データのバックアップを少なくとも1つ、万が一のことを考えれば2つ作成しておいた方がよいだろう。2つもバックアップを作成するというのは大袈裟だと思うかもしれないが、追加のバックアップがあればより安心できるというものだろう。

 あなたがサードパーティーのバックアッププログラムを使用している場合、開発元のウェブサイトにアクセスし、そのプログラムのWindows 7対応予定をチェックしておく必要がある。サードパーティーのバックアッププログラムを使用していない場合、Windows XPに付属しているバックアップユーティリティを使用しているはずである。ご存知かもしれないが、このツールで使用されているファイルフォーマットはWindows Vistaの「バックアップと復元センター」と互換性がない。この問題に対処できるよう、Microsoftは「Windows NTバックアップ/復元ユーティリティ」という、XP用バックアップユーティリティの特別バージョンを提供している。同ユーティリティは、Windows XPに付属しているバックアップユーティリティによって作成されたバックアップを、Windows Vistaが稼働しているコンピュータ上で復元できるよう特別に開発されたものである。Microsoftからの正式な確認が得られたわけではないものの、この特別バージョンのユーティリティがWindows 7でも動作する、あるいは動作するよう改訂されることはまず間違いないだろう。

 あなたがそういった不確かさを嫌っている、あるいは使用しているサードパーティーのバックアッププログラムがWindows 7に対応するかどうか分からないという場合であっても、すべてのデータファイルをCDやDVD、あるいは外部ハードディスクにコピーしておくことはできるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]