編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

スカイアーク、OSSのプロジェクト管理ソフト 「Redmine」のホスティングサービスを開始

ZDNet Japan Staff

2009-09-29 17:34

 スカイアークシステムは9月29日、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine(レッドマイン)」のホスティングサービス「Redmine for SaaS」の提供を開始した。

 「Redmine」は、オープンソースのウェブアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」で記述されたプロジェクト管理ソフトウェア。プロジェクトのタスクやファイル、ソースコードをウェブブラウザで共有でき、プロジェクトの可視化を行える。

 今回、社内で実際に「Redmine」および「Ruby」を導入運用してきた実績を持つスカイアークが「Redmine for SaaS」を提供することにより、コスト削減を目的としてOSSによるプロジェクト管理ツールの導入を検討しつつも、インストールやメンテナンスといった技術面での不安があった企業に対し、低コストで効率の良いツール利用を支援するとしている。

 「Redmine for SaaS」では、「Redmine」の全機能をサービスとして利用できる。また、オプションサービスとして、業務に合わせたカスタマイズやプラグイン導入などの要望にも対応する。そのほか、導入支援サービスや、機能や使い方などを電話でサポートする「テクニカルサポートサービス」も提供される。

 「Redmine for SaaS」には、共用サーバで保存ファイルの総容量が1GBまでの「ベーシック」、ユーザー数やプロジェクト数が無制限で総容量が10GBまでの「プレミアム」、専用サーバでユーザーの要望に合わせて設定変更や個別カスタマイズが可能な「エンタープライズ」の3つのプランが用意されている。

 利用料金は月額制となっており、「ベーシック」が1万円、「プレミアム」が3万円、「エンタープライズ」が6万円。初期導入費用として、6000円が別途必要となる(料金はいずれも税別)。「ベーシック」「プレミアム」はメールでのサポート、「エンタープライズ」は電話およびメールでのサポート料金が含まれる。また、同社では30日無料で利用できるトライアルサービスも提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]