MS、「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-10-09 10:57

 Microsoftは米国時間10月8日、Windowsデスクトップおよびサーバ向けアンチマルウェア製品である「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期することを明らかにした。

 Forefront Endpoint Protectionは、次期製品である「Forefront Protection Suite」(開発コード名「Stirling」)のコンポーネントの1つである。

 「顧客からのフィードバックと市場動向に基づき、われわれは、サーバやクライアント、デバイスを包括的に評価、展開、アップデートするMicrosoftのソリューションである『System Center Configuration Manager』上でForefront Endpoint Protection(FEP)を構築する戦略的決定を下した」と同社はブログ投稿で述べている。

 同投稿によると、「このアプローチは、顧客のクライアント管理やセキュリティインフラをよりよく調整し、展開の単純化とコストの削減を支援する。われわれは、これが顧客にとって正しい判断であると確認している」という。

 Microsoftは当座の間、顧客に対する「Forefront Client Security」ソリューションの提供を継続する予定だと述べた。

 一方で、Microsoftは、「Forefront Protection Manager」を含む関連製品の2010年前半リリースに向けて順調に進んでいると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]