MS、「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-10-09 10:57

 Microsoftは米国時間10月8日、Windowsデスクトップおよびサーバ向けアンチマルウェア製品である「Forefront Endpoint Protection 2010」のリリースを2010年後半に延期することを明らかにした。

 Forefront Endpoint Protectionは、次期製品である「Forefront Protection Suite」(開発コード名「Stirling」)のコンポーネントの1つである。

 「顧客からのフィードバックと市場動向に基づき、われわれは、サーバやクライアント、デバイスを包括的に評価、展開、アップデートするMicrosoftのソリューションである『System Center Configuration Manager』上でForefront Endpoint Protection(FEP)を構築する戦略的決定を下した」と同社はブログ投稿で述べている。

 同投稿によると、「このアプローチは、顧客のクライアント管理やセキュリティインフラをよりよく調整し、展開の単純化とコストの削減を支援する。われわれは、これが顧客にとって正しい判断であると確認している」という。

 Microsoftは当座の間、顧客に対する「Forefront Client Security」ソリューションの提供を継続する予定だと述べた。

 一方で、Microsoftは、「Forefront Protection Manager」を含む関連製品の2010年前半リリースに向けて順調に進んでいると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]