外人ヘッドハンターからメールが来た! その時あなたは?--エリック松永の英語道場(36)

エリック松永 2009年11月06日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 What's up man?

 先日、私が新卒で入社した典型的な日本の大企業に勤めている友人から「転職したい」と相談がありました。私が入社した1990年代始めの頃は、日本企業は終身雇用がまだ当たり前で、アメリカの企業に移ろうと言わんものなら人生を捨てるのかと本気で心配される時代でした。

 しかし時代はあっという間に変わり、新入社員がキャリアパスなどと言って「この会社に長居をするつもりはない」と主張する時代になりました。しかし、どうも日本では転職という行為に対して何か誤解があるように感じます。そこで今回は、ヘッドハンターとのつき合い方についてお話しします。

ヘッドハンターのビジネスモデル

 そもそもヘッドハンターのビジネスモデルはどのようになっているのでしょうか。若干のバリエーションはありますが、基本的にヘッドハンターはコンサルタントのように時間ベースでアドバイス料を徴収するモデルではなく、契約が成立した時に企業から紹介料として、例えば年収の何割かをもらうモデルが中心です。つまり、転職する側がお金を取られる心配はありません。

 しかし、狩猟民族からのアプローチにはご注意を。心して対応しないと農耕民族の日本人はコロっとだまされてしまいます。そうならないように心得を伝授いたしましょう。

ヘッドハンターに会う前の注意

Meeting イラスト: まつなが みか

 英語道場の読者であれば、外国人から会社の電話やメールに連絡が入り、直接会いたいといったオファーを受けたことがあるかもしれません。どこかで交換した名刺の情報が漏れているケースもあるでしょうし、誰か親しい人が推薦しているケースもあります。最近ではFacebookなどのSNSを経由したアプローチも多いようです。

 外国人から英語でアプローチがあると、自分がどこかで認められ、大物が推薦したのだと思うかもしれませんが、通常は情報がどこからか漏れていて、ヘッドハンターはあなたのことをほとんど何も知らない(どの会社のどの部署にいるといった程度の情報しか持っていない)ケースがほとんどなので、この時点であまり浮かれないようにしましょう。

 誰かの紹介であれば、事前に紹介者からあなたに紹介する旨の了解をとるはずです。事前に連絡もないのにいきなり誰かが紹介してくれたとヘッドハンターが言う場合、まともなルートではないと思うのが賢明です。

 例えば、以下のようなメールが来たとします。

I apologize for this e-mail if it is a surprise to you. My client recommended getting in touch with you as they felt you were a very good potential candidate, quite diligent and had a bright future.

If it is possible, I would like to have a chance to speak with you or to meet you in person if you prefer, so that we can understand how best to provide information to you, when and if needed.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化