編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

オラクル、データベースや各種製品に38件のパッチを公開へ

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-10-19 06:50

 Oracleはさまざまなデータベースやサーバ製品に存在する、少なくとも38件の脆弱性を修正するCritical Patch Update(CPU)を公開する予定だと発表した。

 もっとも深刻な脆弱性(CVSSスコアは10.0)は、Oracle Core RDBMS、Oracle JRockit、Oracle Network Authenticationに影響がある。このパッチは、米国時間2009年10月20日火曜日に公開される予定だ。

 Oracleからの事前通知によれば、10月のCPUで影響を受ける製品やコンポーネントは、次の通りだ。

  • Oracle Database: Oracle Databaseには16件のセキュリティ脆弱性に対する新たなパッチが提供される。これらの脆弱性のうち6件は、認証なしで遠隔から悪用することができる。例えば、ユーザー名とパスワードなしで、ネットワーク越しに悪用できる可能性がある。
  • Oracle Application Server: Oracle Application Serverには3件の新たなセキュリティパッチが提供される。これらの脆弱性のうち2件は、認証なしで遠隔から悪用することができる。例えば、ユーザー名とパスワードなしで、ネットワーク越しに悪用できる可能性がある。
  • Oracle E-BusinessおよびApplication Suite: この製品には、新たに8件のセキュリティパッチが提供される。これらの脆弱性のうち5件は、認証なしで遠隔から悪用することができる。
  • Oracle PeopleSoft Enterprise および JD Edwards EnterpriseOne: PeopleSoft製品、JD Edwards製品については、5件の新たなセキュリティパッチが提供される。これらの脆弱性に、認証なしで遠隔から悪用できるものはない。
  • Oracle BEA製品:BEA製品に対しては、6件の新たなセキュリティパッチが提供される。これらはすべて、認証なしで遠隔から悪用することができる。例えば、ユーザー名とパスワードなしで、ネットワーク越しに悪用できる可能性がある。
    • Oracle JRockit
    • Oracle WebLogic Portal
    • Oracle WebLogic Server
  • Oracle Industry Application製品スイート: Oracle Industry Application製品スイートに対しては、1件の新たなセキュリティパッチが提供される。この脆弱性は、認証なしで遠隔から悪用することはできない。

 同社は、「攻撃が成功した場合にもたらされる危険のため、Oracleは顧客に対し、できる限り早くCritical Patch Updateを適用することを推奨する」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]