編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

オラクルがDB、アプリケーションにパッチ

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-04-16 19:25

 Oracleは米国時間4月15日、幅広い製品に対する41件のパッチを公表した。これには、もっともリスクが高いと評価されるものが2件含まれている。

 Oracleのセキュリティチームのブログには、次のように述べれられている。

 このCritical Patch Update(CPU)は全部で41件の脆弱性を修正するものであり、影響のある製品はOracle Database Server、Oracle Application Express、Oracle Application Server、Oracle E-Business Suite、Oracle Enterprise Manager、Oracle PeopleSoft Enterprise、Oracle Siebel CRM Applicationsだ。脆弱性のうち15件は、Oracle Database Serverのみに関するものである(さらに2件がApplication Expressに関係する)。 ただし、これらのDatabase Serverに関する脆弱性の多くはDatabase Serverのオプションのコンポーネントに影響を及ぼすこと、および、これらのDatabase Serverに関する脆弱性のうち、認証を経ずにリモートからコードを実行できるものは1件しかないことに注意して欲しい。

 今回のパッチは予定されていたものであり、具体的な対象製品は次の通りだ。

  • Oracle Database 11g, version 11.1.0.6
  • Oracle Database 10g Release 2, versions 10.2.0.2, 10.2.0.3
  • Oracle Database 10g, version 10.1.0.5
  • Oracle Database 9i Release 2, versions 9.2.0.8, 9.2.0.8DV
  • Oracle Application Server 10g Release 3 (10.1.3), versions 10.1.3.1.0, 10.1.3.3.0
  • Oracle Application Server 10g Release 2 (10.1.2), versions 10.1.2.0.2, 10.1.2.1.0, 10.1.2.2.0
  • Oracle Application Server 10g (9.0.4), version 9.0.4.3
  • Oracle Collaboration Suite 10g, version 10.1.2
  • Oracle E-Business Suite Release 12, version 12.0.4
  • Oracle E-Business Suite Release 11i, version 11.5.10.2
  • Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools versions 8.22.19, 8.48.16, 8.49.09
  • Oracle PeopleSoft Enterprise HCM versions 8.8 SP1, 8.9, 9.0
  • Oracle Siebel SimBuilder versions 7.8.2, 7.8.5

 これらの詳細に関する説明は、Oracleのパッチの説明ページにある。調べようという人には幸運を祈る。Oracleのやりかたは、決してユーザーに親切なものではない。特にリスクマトリックスは複雑なものになっている。Oracleのパッチに関する概要を見ると、Microsoftのやり方が易しいものに思える。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]