編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ネットワンシステムズら5社がクラウド・ビジネス・アライアンスを設立

藤本京子(編集部)

2009-10-29 17:23

 オープンなクラウドサービス市場の創出および支援を目的として、「クラウド・ビジネス・アライアンス(Cloud Business Alliance:CBA)」が10月29日、設立された。イーダブリュエムジャパン、エクシード、スマイルワークス、ネットワンシステムズ、ビープラッツの5社が発起した。事務局はネットワンシステムズが担当する。

 CBAを発起した5社は、「現在さまざまな形態で提供されている独自のクラウドサービスでは、ユーザーが“必要なものを、必要なタイミングで、最小限のコストで利用できる”という真のクラウドコンピューティングの価値が提供できない」との考えから、ユーザーとサービスプロバイダー両者がクラウドサービスの利益を受けられる環境を実現すべく、CBAの設立に至ったという。

 CBA発起人らは、クラウドサービスで重要なこととして、「SaaS(サービスとしてのソフトウェア)、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)、IaaS(サービスとしてのインフラ)など、異なるクラウドサービスを自由に組み合わせて利用できるクラウド間の相互接続性の実現」、「クラウドサービスを相互接続した際のビジネスモデルの確立」、「グローバルに通用する仕様」の3点を挙げており、こうした考えに賛同する企業や団体と共に「オープンなアライアンスとしてCBAを推進し、オープンなクラウドシステムの実現と、市場への展開を図りたい」としている。

 CBAでは今後、SaaS、PaaS、IaaSなど各レイヤのクラウドサービスのユーザーが、異なるクラウドサービスを自由に組み合わせて利用することができるよう、オープンソースなどによる共通APIを評価、検証、実装し、公開するとしている。また、クラウドサービスモデルの提供形態や課金方法などについても検討、検証していく予定だ。

 10月29日現在のCBAへの参加企業は合計15社。発起5社以外の会員は、50音順にイース、エイムラック、オロ、コネクティ、ソリトンシステムズ、パイオン、バンテン、ビジネス・アーキテクツ、フィードパス、プリファードインフラストラクチャー。CBAでは新規会員の募集も開始するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]