編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Shockwave Playerに深刻なセキュリティホール--アドビが修正パッチ公開

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-11-04 14:41

 米国時間11月3日、Adobeは同社のShockwave Playerに存在するいくつかの深刻なセキュリティホールを修正するパッチを公開した。

 このアップデートは「クリティカル」に分類されており、全部で5件の脆弱性を修正している。中でももっとも重大なセキュリティホールは、WindowsおよびMacのユーザーを遠隔からのコード実行攻撃にさらす可能性のあるものだ。

 Adobeのセキュリティ情報には、次のように説明されている。

 Adobe Shockwave Player 11.5.1.601およびこれ以前のバージョンに、クリティカルな脆弱性があることが確認された。これらの脆弱性は、悪用した攻撃者が対象システムで悪意のあるコードを実行することを許す可能性があるものだ。Adobeは報告された脆弱性に対し、解決策を提供した。ユーザーには、インストールされているソフトウェアを以下の手順に従ってアップデートすることを推奨する。

 このアップデートは、Shockwave Player 11.5.1.601およびそれ以前のバージョンを対象としたものだ。Adobeのパッチは、このページからダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]