編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

フォティーンフォティ技術研究所、CDIと業務提携--営業、研究開発で協力

冨田秀継(編集部)

2009-11-05 11:36

 サイバーディフェンス研究所(CDI)とフォティーンフォティ技術研究所(FFR)は11月5日、情報セキュリティ分野で業務提携することを発表した。

 業務提携の範囲は下記の4点。

  • FFRの製品をCDIのセキュリティサービスに活用
  • 組込機器のセキュリティ強化のためのソリューションを共同開発
  • ウイルスなどの不正なプログラムの解析をFFRが支援
  • 営業活動、技術研究の両面において協力関係を強化

 FFRでは今回の業務提携でCDIの高品質な侵入テストに加え、FFRの技術を活用したウェブサイト監視サービスの構築、ネットワークレベルからハードウェアレベルまでの組込機器のセキュリティ監査サービスが可能になるとしている。

 フォティーンフォティ技術研究所は2007年7月の設立、2009年4月にセキュリティ対策ソフト「FFR yarai」を発表した。2009年10月からは元マイクロソフト セキュリティレスポンスマネージャの奥天陽司氏が参加している。

 サイバーディフェンス研究所はペネトレーションテストなどのセキュリティサービスを提供するセキュリティ専業企業。前身は2001年1月に設立されたアイディフェンスジャパン。その後、2005年10月に伊藤忠商事内にサイバーディフェンス研究所が設置され、2008年10月には伊藤忠商事の100%出資で株式会社化している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]