リコーテクノ、ITアウトソーシング基盤に日立のビジネスPaaSを採用

田中好伸(編集部)

2009-11-26 19:42

 日立製作所は11月26日、提供するクラウド環境ソリューション「Harmonious Cloud」の「ビジネスPaaSソリューション」がリコーテクノシステムズで運用するITアウトソーシングサービスに採用されたことを発表した。

 Harmonious Cloudは、(1)ビジネスPaaSソリューション(2)ビジネスSaaSソリューション(3)プライベートクラウドソリューション――の3つで構成される。リコーテクノシステムズに採用されたビジネスPaaSは、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」やストレージ「日立ディスクサブアレイシステム」といった製品を中心に構成されるプラットフォームのリソースをネット経由で利用するサービスになる。

 日立製作所は、ビジネスPaaSの“高いセキュリティ”と“運用性や移行性”がリコーテクノシステムズに高く評価されたとしている。

 ビジネスPaaSは、ネットワークとサーバ、ストレージのそれぞれでユーザー企業ごとに完全に独立した環境を実現していることで、複数企業が共同で利用するクラウド環境でも、企業内に設置されたIT環境を利用するのと同等のセキュリティを確保できる。また、サーバの仮想化では、ハードウェアレベルで処理する日立独自の仮想化機構「Virtage」(バタージュ)で、仮想サーバから別の仮想サーバへのメモリやデバイスの参照をハードウェアレベルで禁止するなど、仮想サーバ間の高いセキュリティが実現していると説明する。

 一般的なサーバ仮想化機能でのPaaSは、仮想化固有のノウハウが必要とされるが、日立のビジネスPaaSでは、Virtageで物理的な環境を透過的に見られることから、仮想化固有のノウハウがなくても、PaaS上のシステム構築や運用、従来システムからPaaSへの移行も容易になるとしている。これが、採用につながった評価点の2つめだ。

 リコーテクノシステムズでは、日立のビジネスPaaSを利用して「ユーザー企業のPC調達、管理業務を簡素化するサービスに活用していきたい」と説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]