マイクロソフト、ヘルスケアソフトウェア企業のSentillion買収を発表

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2009年12月11日 08時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、ヘルスケア分野におけるポートフォリオ拡大を狙って、新たな選択肢を追加した。

 Microsoftは米国時間12月10日、医療従事者向けにソフトウェアを供給しているSentillionの買収を計画していると発表した。Microsoftは、Sentillionのテクノロジを、同社が保有するAmalgaのUnified Intelligence System(UIS)に統合することを願っている。この統合技術により、ヘルスケアサービスの提供者が、複数のソースにまたがる患者のデータへもっと容易にアクセスできるようになることが目指される。

 医師や病院はeヘルステクノロジの有効活用を進めてはいるものの、複雑なツールやシステムの問題により、かえって仕事が難しいものになってしまうという矛盾にも直面している。Sentillionの買収を通じて、Microsoftは、ヘルスケアサービスの提供者が複数の異なるITシステムへのアクセスの合理化を図り、テクノロジに苦労して費やされる時間を減らせるようにしたいと考えていることを明らかにした。

 Microsoftのヘルスソリューショングループ担当バイスプレジデントであるPeter Neupert氏は声明を出し、「病院に導入されている無数のヘルスケア分野のアプリケーションを用いて、柔軟性に富む早期の情報活用を進めるならば、医師や看護師はより迅速かつ効率的に賢明な役割を果たせるようになるという、ヘルスシステムの統合ビジョンにおいて、MicrosoftとSentillionは共通の考えで結ばれている」と述べた。

 Sentillionのソフトウェアによって、Windowsベース、ウェブベース、古いレガシーソフトウェアベースを問わず、さまざまなヘルスケア分野のアプリケーションへのアクセス統合が実現する。Sentillionは、顧客ベースで1000以上の病院に導入済みである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]