デル、10GbE対応のストレージとネットワークスイッチを発表

ZDNet Japan Staff

2009-12-15 15:49

 デルは12月15日、10ギガビットイーサネット(10GbE)に対応したストレージ「Dell EqualLogic PS6010E」および「Dell EqualLogic PS6510E」と、ネットワークスイッチ「Dell PowerConnect 8024F」を発表した。

 EqualLogic PS6010EとPS6510Eは、デルのiSCSIストレージ「Dell EqualLogic PS6000」シリーズに10GbEコントローラを搭載したもの。従来のシリーズに比べ、ポートあたりで最大10倍、アレイあたりで最大2.5倍の帯域幅を実現するという。

 また、EqualLogic PSシリーズの容量を向上させるEqualLogicファームウェアのバージョン4.3も発表しており、10K SASドライブ搭載の「EqualLogic PS6500X」を含むストレージグループは、グループあたりの容量をこれまでの115.2テラバイトから460テラバイト以上に拡大できる。

 ネットワークスイッチのDell PowerConnect 8024Fは、デル初の1U 10GbEスイッチとなる。SFP+を24ポート、10GBase-Tのコンボポートを4ポート配し、全ポートにフルワイヤスピードの10Gb機能を搭載している。

 デルでは同時に、QLogicの技術を採用したDell PowerEdgeサーバおよびブレードサーバ向けのデュアルポート10Gbps FCoE(Fibre Channel over Ethernet)統合型ネットワークアダプター(Converged Network Adapter:CNA)も発表している。このCNAのFCoE機能は、FCoEファブリックを通じ、イーサネットネットワークとFC SANを統合して接続、サーバ上のI/Oが集約できる。10Gbpsの広帯域により、サーバとストレージの仮想化やHPCクラスタが直面するI/O上の課題も解消するという。

 それぞれの製品の発売日と価格は、EqualLogic PS6010Eが12月15日からの発売で価格が600万3900円から、EqualLogic PS6510Eが1月末に発売予定で価格は1607万1300円から、PowerConnect 8024Fが12月中に発売予定で価格は未定、CNAは2010年1月から発売予定で価格は未定となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]