編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

新しい“世界観”を提示するGoogle OS

飯田哲夫(電通国際情報サービス)

2009-12-21 18:08

 「Google Chrome OS」(Google OS)が話題となっている。これまでGoogleはMicrosoftと対比されてきただけに、Google OSについてもWindowsとの対比で語られることが多い。しかし、Google OSの参入は、従来型のOS間競争の構図(例えばWindows vs Mac)ではとらえることができない。その理由の一つは、Google OSがオープンである点、もう一つはGoogle OSがウェブアプリケーションを前提としている点である。もう少し詳しく見てみよう。

OSを取り巻く従来の構図

 本来、OSとその上で動くアプリケーションは補完関係にある。アプリケーションはターゲットとなるOSを前提として開発されるため、特定のOSのユーザーが多ければ多いほど、それに対応したアプリケーションはより大きな市場をターゲットとすることができる。

 そして、アプリケーションが増えれば増えるほど、それを稼動させることのできるOSの価値も高まり、ますます売り上げが伸びる。そのため、各社とも自社のOSで稼動するアプリケーションを増加させるために、ソフトウェアベンダーに対して、当該OSに対応するアプリケーションの開発を促すということも発生する。

 要するに、OSのビジネスとは、囲い込みのビジネスである。OSがあり、そこで動くアプリケーションがあり、それを使うユーザーがいる。アプリケーションはOS間で互換性がないため、ユーザーは特定のOSにロックインされてしまい、定期的にOSのアップグレードを繰り返すこととなる。

 このビジネスでは、ネットワーク効果が働く結果、特定のOSのシェアが高まっていくケースが多く、無数のOSが乱立するということは生じにくい。PCであれば、Windowsが圧倒的なシェアを獲得した。Unixでも、HP-UX、Solaris、AIXなど限られたOSがしのぎを削るという構図となる。

新しい構図への挑戦

 この構図へ最初にチャレンジしたのは、Sun Microsystemsではなかったかと思う。Solarisをオープンソースとすることで、ロックインから収入を得るというモデルから脱却しようとした。もちろんSolarisを使えばSolarisにロックインされるのだが、OSというソフトウェアそのものがフリーであることから、ロックインに掛かるコストが抑えられる。

 その分ユーザーベースを拡大して、サポートなどを収益源としていこうというモデルだ。しかし、この戦略は大きな効果を上げる前にOracleによる買収で終焉を迎えることとなる。

 そしてGoogle OSである。Google OSは、Sunと同様にオープンソースである。最大の違いは、もう一つのポイントであるウェブアプリケーションを対象としている点だ。

 Google OSはある意味、ウェブアプリケーションを稼動させる仕組みでしかないので、Google OSは囲い込みを志向するものではない。Solarisはオープンソースであっても、そこで稼動するアプリケーションは他社OSでそのまま動くことは保障されないので、少なくてもユーザーロックインを志向したものであった。

 つまり、Google OSは、顧客を囲い込まないOSであり、ロックインされた顧客からアップグレードフィーを取り続けて儲けるモデルではない。むしろ、「アプリケーション」の概念を「ウェブアプリケーション」と同化させ、「インストール」という行為を消し去ろうとするものである。その結果、主戦場はOSレイヤから、ウェブアプリケーションのプラットフォーム、つまりいわゆるクラウドレイヤへと移行することになる。つまり、今Googleが最も競争力を持つ領域である。

 GoogleはGoogle OSを投入することで、従来のようなOSによる囲い込み合戦を仕掛けているわけではなく、アプリケーションの概念をシフトすることで、競争のレイヤをOSからクラウドへと移行させることを狙っている。この点において、Google OSは新たなOSではなく、新たな世界観、つまりクラウドベースの競争環境の提示ととらえるべきだろう。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。
※この連載に関するご意見、ご感想は zblog_iida@japan.cnet.com までお寄せ下さい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]