新しい“世界観”を提示するGoogle OS

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2009年12月21日 18時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Chrome OS」(Google OS)が話題となっている。これまでGoogleはMicrosoftと対比されてきただけに、Google OSについてもWindowsとの対比で語られることが多い。しかし、Google OSの参入は、従来型のOS間競争の構図(例えばWindows vs Mac)ではとらえることができない。その理由の一つは、Google OSがオープンである点、もう一つはGoogle OSがウェブアプリケーションを前提としている点である。もう少し詳しく見てみよう。

OSを取り巻く従来の構図

 本来、OSとその上で動くアプリケーションは補完関係にある。アプリケーションはターゲットとなるOSを前提として開発されるため、特定のOSのユーザーが多ければ多いほど、それに対応したアプリケーションはより大きな市場をターゲットとすることができる。

 そして、アプリケーションが増えれば増えるほど、それを稼動させることのできるOSの価値も高まり、ますます売り上げが伸びる。そのため、各社とも自社のOSで稼動するアプリケーションを増加させるために、ソフトウェアベンダーに対して、当該OSに対応するアプリケーションの開発を促すということも発生する。

 要するに、OSのビジネスとは、囲い込みのビジネスである。OSがあり、そこで動くアプリケーションがあり、それを使うユーザーがいる。アプリケーションはOS間で互換性がないため、ユーザーは特定のOSにロックインされてしまい、定期的にOSのアップグレードを繰り返すこととなる。

 このビジネスでは、ネットワーク効果が働く結果、特定のOSのシェアが高まっていくケースが多く、無数のOSが乱立するということは生じにくい。PCであれば、Windowsが圧倒的なシェアを獲得した。Unixでも、HP-UX、Solaris、AIXなど限られたOSがしのぎを削るという構図となる。

新しい構図への挑戦

 この構図へ最初にチャレンジしたのは、Sun Microsystemsではなかったかと思う。Solarisをオープンソースとすることで、ロックインから収入を得るというモデルから脱却しようとした。もちろんSolarisを使えばSolarisにロックインされるのだが、OSというソフトウェアそのものがフリーであることから、ロックインに掛かるコストが抑えられる。

 その分ユーザーベースを拡大して、サポートなどを収益源としていこうというモデルだ。しかし、この戦略は大きな効果を上げる前にOracleによる買収で終焉を迎えることとなる。

 そしてGoogle OSである。Google OSは、Sunと同様にオープンソースである。最大の違いは、もう一つのポイントであるウェブアプリケーションを対象としている点だ。

 Google OSはある意味、ウェブアプリケーションを稼動させる仕組みでしかないので、Google OSは囲い込みを志向するものではない。Solarisはオープンソースであっても、そこで稼動するアプリケーションは他社OSでそのまま動くことは保障されないので、少なくてもユーザーロックインを志向したものであった。

 つまり、Google OSは、顧客を囲い込まないOSであり、ロックインされた顧客からアップグレードフィーを取り続けて儲けるモデルではない。むしろ、「アプリケーション」の概念を「ウェブアプリケーション」と同化させ、「インストール」という行為を消し去ろうとするものである。その結果、主戦場はOSレイヤから、ウェブアプリケーションのプラットフォーム、つまりいわゆるクラウドレイヤへと移行することになる。つまり、今Googleが最も競争力を持つ領域である。

 GoogleはGoogle OSを投入することで、従来のようなOSによる囲い込み合戦を仕掛けているわけではなく、アプリケーションの概念をシフトすることで、競争のレイヤをOSからクラウドへと移行させることを狙っている。この点において、Google OSは新たなOSではなく、新たな世界観、つまりクラウドベースの競争環境の提示ととらえるべきだろう。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。
※この連載に関するご意見、ご感想は zblog_iida@japan.cnet.com までお寄せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化