編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

富士通新社長Q&A「プロセッサ事業はクラウドの差別化要因」

田中好伸(編集部)

2010-01-22 21:35

 富士通は1月22日、4月1日付けで執行役員社長に山本正己氏が就任することを発表した(関連記事「富士通、新社長人事を発表--間塚暫定政権は年度内で終了」「富士通新社長 山本氏『私の経験が大いに役立つ』--若いリーダーの就任会見」「人望厚い、ファンが多い、現場主義--富士通新社長の評判と腕前」)。現在、会長と社長を兼任する間塚道義氏は社長との兼務から解かれ、会長職に専念する。会見での質疑応答は以下の通り。

これからはヒューマンセントリック

間塚氏 4月から間塚氏は会長職に専念する

――新しい社長の要件はどういったものだったのか。

間塚氏:IT産業は大きく変わろうとしていて、変革の時期にある。今年はクラウドコンピューティングが拡大すると見ている。そのクラウドの延長線上に「ヒューマンセントリックコンピューティング」があると見ている。

 これはITのパラダイムシフトと呼べるもので、人の行動や知の創造を支援するものであり、今後10年のレンジで頑張っていきたいと思っている。

 山本さんはワープロ専用機の「OASYS」やPC、IAサーバなど、常に時代の最先端のモノを担当してきている。決めたことは徹底的にやり抜く行動力があり、新しい開拓地を切り開く胆力がある。新しい時代を牽引するのにふさわしいと思っている。新しい時代には56歳という若さが重要だ。56歳での社長就任は、富士通の歴代社長の中でも2番目の若さだ。

――副社長は5人体制となっているが、これはどういうことか。

間塚氏:現在は変化の激しい時代であり、これからの新しい時代はスピードが重要だ。昨年9月から社長を経験してきた中で、そのことを実感している。その実感から、それぞれの専門を持った人材がサポートして素早く決断することが重要と思って副社長を5人にしている。

 副社長5人の役割は、Richard Christouが海外を、石田一雄がクラウドを中心としたサービスビジネスを、藤田正美が管理部門を、佐相秀幸がシステムプロダクト全体を、生貝健二がソリューションビジネスを、それぞれ担当する。今回の役割は縦割りではない。それぞれが富士通全体のことを考えている。

――現体制は副社長が3人だ。新体制は5人だが、これは多くないか。

山本氏:現体制はサービスとソリューションを兼任していたという形であり、5人が多いとは決して思わない。

間塚氏:昨年10月から現体制でやってきているが、富士通の規模と事業を考えると副社長5人が多いとは思っていない。

取締役は今後決める

――現在、代表取締役副社長を務める広西光一氏と富田達夫氏、取締役副会長の伊東千秋氏、取締役相談役の秋草直之氏はどういった処遇になるのか。代表取締役はどうなるのか。

間塚氏:広西さんと富田さん、伊東さんには3月31日まで副社長を務めてもらう。秋草さんについては、今後考えていく。取締役については株主総会がある6月まで継続することになる。

 昨年9月の野副(州旦)さんの辞任から、会長と社長を兼任しているが、これはかなりハードだ。そこで山本さんに4月1日から社長を務めてもらうことにした。株主総会が終わってからの6月からでもいいのではないか、という意見もあるが、やはり年度の初めからやってもらいたいと思って、4月から始めることにした。株主総会後は山本さんが代表取締役を務めることになるだろう。

――新体制では、取締役経験のない人が取締役になるが、大丈夫か。またCFO(最高財務責任者)が入っていないが大丈夫か。

間塚氏:CFOがいないということについては、これから議論をしていきたいと思っている。ボード(取締役会)に取締役経験のない人が入るということについては、新しい人にやってもらうことにかけたいと思っている。6月までのボードには、新体制の社長と副社長にオブザーバーとして参加してもらうことにする。

 今回決めたのは、経営の執行体制であって取締役についてはこれから決めていく。秋草さんが取締役を退任するかどうかは決まっていない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]