編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、新社長人事を発表--間塚暫定政権は年度内で終了

冨田秀継(編集部)

2010-01-22 13:11

 富士通は1月22日、執行役員社長の人事を発表した。新社長には執行役員常務の山本正己氏が就任する。山本氏は22日付で執行役員副社長に就任し、4月1日付で執行役員社長に就任する。代表取締役会長兼社長の間塚道義氏は代表取締役会長に就任する。

4月1日付で新社長に就任する山本正己氏 4月1日付で新社長に就任する山本正己氏

 山本正己氏は1954年1月生まれ。1976年4月に富士通に入社し、以後、1999年12月にパーソナルビジネス本部モバイルPC事業部長、2002年12月にパーソナルビジネス本部長代理、2005年6月に経営執行役兼パーソナルビジネス本部長、2007年6月に経営執行役常務兼ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、2008年6月に経営執行役常務兼システムプロダクトビジネスグループ長を歴任。

 富士通は22日午後に新社長の記者会見を開催する予定。詳細は追って掲載する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]