編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Android、スマートフォン市場で急成長へ--IDC調査

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2010-01-27 08:47

 IDCが米国時間1月25日に発表した調査リポートによれば、Googleの「Android」は今後数年間でスマートフォン市場を席巻し、他の対抗するOSと比較して、最も急速な成長を遂げることになるという。

 Androidは、2013年までに最も急成長するワイヤレスOSとなり、2013年中には世界で2番目に広く利用されているスマートフォンOSの座に着くことになると、同リポートは伝えている。

 現在は主にNokiaの携帯電話に採用されている「Symbian OS」が、世界のスマートフォンOS市場でも最大のシェアを占めている。現在の第2位のシェアは「BlackBerry」のメーカーとして知られるResearch In Motion(RIM)であり、Appleが世界で第3位のシェアに入っている。

 一方、Symbian OSの市場シェアが非常に少ない米国市場においては、この数字も異なってくる。米国内では、現在はRIMがスマートフォンOSのトップシェアを占めており、Appleが第2位に続いている。「Windows Mobile」のOSを提供するMicrosoftは、米国内市場で第3位となっている。

 しかしながら、こうした対抗するスマートフォンOSをよそに、2013年までにAndroidが最も急速な成長を遂げると、IDCは予測している。Androidは、現在は世界で第2位のスマートフォンOSシェアを占めるRIMを押しのけ、米国内では現在第2位のシェアとなるAppleをも抜き去ることになる。

 この市場シェアの大きな変化は、AndroidをOSに採用した携帯電話を発売するメーカーが、ますます増加の一途をたどることに起因する。2009年には、Motorola、HTC、Samsungから、Androidを採用した携帯電話が数種類リリースされたものの、2010年にメーカーが発表するAndroid製品の数はさらに増加して、販売台数も伸びると見られている。Motorolaは、2010年前半だけで少なくとも10機種の新たなAndroid搭載製品の発売を計画していることを明らかにした。

 IDCのアナリストであるStephen Drake氏は、Android OSを採用するデバイスの圧倒的な販売台数が、Androidの急成長を支えることになると語った。AppleやRIMのOSを含む他のOSに比べ、Androidが持つ大きなアドバンテージのひとつには、幅広いメーカーベースのハードウェア上で使用可能という点がある。AppleとRIMは、自社が製造するデバイス上でのみ、各OSの使用を認めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]