ガートナー、2010年以降に企業に大きな変化を与える9つのポイントを予想 - (page 3)

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-27 22:05

2015年までにモバイル環境のコンシューマーサービスにとってコンテキストが重要な役割を果たすようになる

 ウェブ環境では、検索が情報とサービスを整理するためのカギだが、スマートフォンなどを通じてきわめて高度にパーソナライズされた環境をユーザーへ提供する上で“コンテキスト”がカギになるだろうという。今後3年間、モバイル関連のベンダー各社は、有力なコンテキストプロバイダーとなるための競争を繰り広げることになるだろうともいう。また、コンテキストプロバイダーにならないウェブベンダーは、自社の顧客がほかのコンテキストプロバイダーへ流出するリスクを負うことになるとしている。

2013年までに全世界で携帯電話がネットアクセスの最も一般的なデバイスになる

 現在、モバイル機器をサポートするウェブサイトとウェブベースのアプリケーションの数は増加しているものの、まだ対応していないサイトやアプリケーションも数多く存在する。小型画面のフォーマットに最適化されていないウェブサイトは、その所有者にとって市場障壁となるという。そのため、 数多くのコンテンツやサイトは、フォーマットの見直しと再構築を迫られることになるだろうとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]