アプリケーションストア--新たなデジタルビジネスモデルについて考えてみる - (page 2)

文:Dion Hinchcliffe 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年02月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

アプリケーションストアの正体

 今存在するアプリケーションストアは、最近のベンダーから直接ダウンロードするモデルや、サードパーティー流通業者による流通モデルとはまったく異なるものだ。しかし、アプリケーションストアは、古典的なオープンソフトウェアプラットフォームとそのオープン流通モデルとはどう違うのだろうか。いくつか重要な属性がある。

  • プラットフォームの所有者によって、流通と配信がコントロールされている。WindowsやLinux、あるいはBlackberryなどとは異なり、登録プロセスや審査プロセスを経た組織だけがアプリケーションストアでアプリケーションを配布することができる。これによって、顧客に対する説明責任とさらなる安全が確保される。審査プロセスには、簡単なものから徹底的な企業の素性調査まで、さまざまな形があり得る。ソフトウェアの配信は、顧客が使用しているそのプラットフォームに対するコントロールされたチャネル(繰り返すが、ウェブサイト、デバイス、その他さまざまなチャネルがあり得る)だけを通じて行われ、アプリケーションは妨害や改ざんが不可能な信頼できる情報源から、安全に配信されるようになっている。アップデートも同じ方法で提供され、よいアプリケーションストアでは、アップデートが新たに提供された場合、集中的な仕組みを使ってそれをユーザーに通知するようになっている。
  • 自己完結したアプリケーションディレクトリとストア。アプリケーションストアがウェブサイトを別に持っていたり、その他の外部の仕組みを持っていたりしてもよいが、もっとも重要な特徴は、サイトやデバイスから直接アプリケーションストアが利用できるということだ。アプリケーションのダウンロードは、外部からの支援がほとんど(あるいはまったく)なくても、他のリソース(他のコンピュータなど)がなくても可能で、無線接続を持っていることが望ましい。よいアプリケーションストアは、新しいアプリケーションを見つけるための手間が小さく、アプリケーションへのアクセスと取り込みの手順をできる限り単純にしている。
  • 集中型の支払い処理。アプリケーションストアには無料で配布されているアプリケーションも多くあるが、支払いが必要な場合には、プラットフォーム所有者が支払い処理の仕組みを提供する。すべてのアプリケーションストアが集中的な支払い処理の仕組みを提供しているわけではなく、課金が許されていないものさえあるが(例えばFacebookとそこで提供されるソーシャルアプリケーション)、顧客間(アプリケーションストアを通じてアクセスをしているユーザーと、アプリケーションを作成している開発者)の仲介者となることは、経済的な価値を得るための、最善でもっとも直接的な方法の1つだ。これは通常、支払いの一部として手続き費用を徴収するという形で行われる。近い将来には、広告や会費などを含む、プラットフォーム所有者による他の収益化モデルも出てくると予想される。プラットフォーム所有者とサードパーティーアプリケーション開発者の潜在的な経済的利益は、その多くがアプリケーションストアの収益化モデルがどれくらい効果的かに依存する。
  • フィードバックと高品質を後押しするアプリケーションコミュニティ。完全にオープンなコンピューティングプラットフォームの荒々しい世界では、特定のアプリケーションが客観的な基準から見てどの程度良いものかを知るのは非常に難しい。アプリケーションストアでも、この問題を完全に解決できるわけではないが、アプリケーションストアは評価とレビューの仕組みを用意し、ユーザーがアプリケーションの全体的な品質と機能について知ることができるようにすることが可能だ(そして私の意見では、そうすべきだ)。この仕組みは、ベンダーに対しても潜在顧客に対しても、過去の顧客からのそのアプリケーションに対する情報を一貫性のある形で提供する。この公開されたフィードバックは、ベンダーに対しては改善の役に立つ、顧客からの明確な情報を提供し、顧客に対してはそのアプリケーションが本当に自分のニーズにあったものかを判断するのに必要な情報を与える。これは近い将来、eコマースの世界の評価とレビューの仕組みのように、購入者がアプリケーションストアに対して当たり前のものとして求める機能になると思われる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]