編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

インテック、ID同期の新製品--AD管理のIDとPWを社内各システムに同期

田中好伸(編集部)

2010-02-08 19:35

 ITホールディングスのインテックは2月8日、ID同期システム「結人/Password Sync」の提供を開始したことを発表した。税別価格は200万円、年間保守料は30万円。今後1年間で10社の受注を目指す。

 結人/Password Syncは、Active Directoryで管理されるIDとパスワード情報だけを社内の各システムに同期する。Windows標準のパスワード変更機能でメンテナンスされたパスワード情報をLDAPなどの各システムに自動で同期する。

 利用システムが増加するにつれて、煩雑になりがちなパスワードを簡単に管理できるようになるという。同期対象をActive DirectoryのIDとパスワードに限定することで、低価格で提供できるとしている。

 結人/Password Syncは、連携するドメインコントローラの数に制限がない。利用には別途データベース(DB)を必要とする。

 結人は、異なる種類のディレクトリシステムやDBなどが保持するさまざまなデータ形式を吸収して、システム間のデータを同期させる。日本の商慣習に対応した事前同期機能などを搭載。システム間の同期設定を画面上で容易にできるよう設計されていることから、システム導入までの構築期間を短縮できるという。

 インテックは、ID情報をライフサイクルで管理するID統合システム「束人」も提供している。ID情報のライフサイクル管理に必要な申請、承認のフローを設定できる。同期システムでの利用者の登録、変更、削除といった証跡ログをGUIで確認でき、不正なユーザーアカウントの登録防止や削除漏れなどの追跡対応が可能となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]