ITで地域の課題解決を支援:マイクロソフトの地域活性化への取り組み

藤本京子(編集部) 2010年02月10日 17時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月10日、自治体などパブリックセクタービジネスにおけるこれまでの成果について説明会を開催した。同社では、2009年1月に地方自治体を対象とした「地域活性化協働プログラム」を発表、地域の課題にあわせてITが活用できるよう支援している。

 地域活性化協働プログラムでは、各地域においてITが活用できる人材の育成やITベンチャーの支援を、地域ごとに1年という限定期間を設けて行っている。マイクロソフトとしては、「ITを活用することで、さまざまなことができると訴えていきたい。そのために自治体と連携して地域活性化に取り組むが、支援期間終了後もITの活用が持続可能な体制を構築してもらいたい」(マイクロソフト 執行役常務 パブリックセクター担当 大井川和彦氏)としており、期間終了後はマイクロソフトに頼らずとも地域が自立してITの活用ができるよう、1年かけて体制作りを支援する方針だ。

大井川氏 マイクロソフト 執行役常務 パブリックセクター担当 大井川和彦氏

 同プログラムの下、マイクロソフトではすでに高知県、佐賀県、鳥取県、徳島県の4県にて支援活動を行っている。例えば佐賀県では、高齢者向けのIT活用セミナーを行い、500名以上の参加があった。また、今後も継続してセミナーが開催できるよう、ITの使い方を教える講師も約40名養成した。

 鳥取県でも同様に高齢者向けの支援を行っている。講師がいなくてPC講座が開催できないという課題に対し、2009年3月に初心者向け講習を行い、5月には講師育成講座を開催した。その後7月からはPC勉強会を毎月開始し、2010年3月には鳥取県内の一般高齢者向け講座の講師がデビューする予定だという。

 高知県では、ITベンチャー企業の支援策として、世界を舞台にしたビジネス展開を視野に入れるよう米国研修に参加してもらうことや、地域の情報をITで発信できるよう、IT講座の講師を育成するNPOの支援も行っている。

 大井川氏は、「2010年春から2011年の春にかけても、人材育成に積極的で、ITを活用して地域の課題を解決しようとする自治体や、民間との連携で変革を加速しようとする自治体などと連携していく」と話す。この方針に基づき、マイクロソフトは2010年6月末までに新たに3つの自治体との覚書を締結する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算