NEC、シンガポールの総合テーマパークからITマネージドサービス契約を受注

大川淳

2010-03-12 16:30

 NECは3月12日、シンガポールのセントーサ島にある総合テーマパーク「リゾート・ワールド・セントーサ」から、ITマネージドサービス契約を受注したと発表した。今回の契約は、同社の100%子会社であるNECアジアを通じて結ばれており、テーマパーク内の4万カ所以上のアクセスポイントに接続される機器を対象に、従業員がITを活用して来場者にサービスを提供できるよう、環境の構築と維持をNECが請け負う。

 同社は、従業員が使用するパソコン、サーバ、ストレージなどの技術サポートや資産管理、セキュリティ対策などを行い、24時間対応のサービスデスク対応を含む総合ITマネージドサービスを3年間提供するとしている。

 リゾート・ワールド・セントーサは、ゲンティングループ(Genting Group)により、約47億米ドルをかけて開発された。シンガポール初のカジノ、東南アジア初で唯一のユニバーサル・スタジオ、水族館、6つのホテルなど、多数のエンターテインメント施設を統合した高級リゾートという。

 NECではすでに、同テーマパーク内に開園する予定のユニバーサル・スタジオの入場管理システムなどのソリューションを受注している。同社は「今後も引き続き、NECアジアを中心として、アジア各国の顧客に対し、ITサービスとネットワークを融合したトータルソリューションを提供していく」としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]