IT資産管理によって企業のコストを削減するための10の方法

文:Umesh Shah(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2010年03月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 多くのIT部門がコスト管理の機会を見過ごしている。特に自社のIT資産についてのコスト管理において、その傾向が強いと言える。本記事では、IT資産の管理ツールを選択する際に考慮すべき事項を紹介する。

 IT予算の抑制傾向に歯止めがかかってきているとはいうものの、ほとんどの企業では、運用コストをさらに削減するよう求められていることだろう。あなたは既に、IT資産の統合や合理化に向けた対策を実施しているかもしれないが、資産の管理方法を改善することにより、さらなるコスト削減を実現することができるはずだ。米調査会社のForrester Researchによると、IT資産が全資産基盤の50%を占める企業も珍しくなく、なかには資本支出の80%に及ぶ企業もあるという(「The Forrester Wave:IT Asset Life-Cycle Management」(IT資産のライフサイクル管理)、2009年第2四半期)。

 ほとんどの企業は、IT資産の更改に多大なコストをかけているにもかかわらず、そういったコストの無駄をなくすための手段を尽くしているとは言い難い状況にある。事実、Gartnerの推定によると、ソフトウェアのライセンス料金や、ハードウェアの保守費用の最大20%が、もはや使われなくなっている資産に費やされているという(Gartner、「Don't Overlook Opportunities to Save Costs on ITAM」(IT資産管理におけるコスト削減の機会を見過ごすな)、2008年3月)。ほとんどの企業では、IT資産管理(IT Asset Management:ITAM)のための何らかの手順が策定され、ツールの導入も行われているものの、まだまだ資産管理を改善し、コストを削減する余地が残されているケースも数多い。IT部門は、自社の資産やサービスのライフサイクルを全面的に把握するだけではなく、そういったライフサイクルを管理する際のコストや複雑さの削減にも役立つ総合的なシステムソリューションを採用する必要がある。

 適切なツールを採用することで、IT部門はリソースに重点を置いたITAMという厄介な作業(検出や追跡、監査、管理)を行いやすくなる。そして、状況を混沌としたものから、企業にとって真に価値あるものにすることも可能になる。しかし、ITAMツールはすべて同じというわけではない。企業がコストを削減し、資産管理の方法を改善するうえで、IT部門は以下の事項を考慮しておく必要がある。

#1:現状を正確に把握する

 自社のIT資産を1つ残らずすべて把握することは、既存のハードウェアやソフトウェアに対する投資を最大限に活かすための最初のステップである。IT部門はIT資産すべてを最適化するために、各資産の設置場所や設定、利用履歴を把握しておく必要がある。こういった情報を手にすることで、各資産の真の価値を評価し、コストに見合うだけの価値を企業にもたらしていない資産を排除できるようになるわけだ。

 資産の数がごく少数という場合を除き(あるいはITチームに時間的な余裕が潤沢にあるという場合を除き)、IT資産の現状をすべて把握するための手っ取り早い方法は、資産の自動発見ツールを使うというものになる。こういったツールを使用することで、ネットワーク上にどのようなハードウェアやソフトウェア、周辺機器が存在しているのかを把握できるだけでなく、そのハードウェアやソフトウェアが誰に、いつ、どのように利用されたのかも把握できるようになる。これにより、廃棄や再配備、再利用の対象とすべき資産の特定と、そのコストの再割り当ても容易になる。また、最新情報を定期的に収集する作業を自動化することで、資産の変動も把握できるようになる。

#2:プロセス、プロセス、プロセス

 企業にはその規模にかかわらず、業務に適合しており、測定可能かつ整合性のある一連のITAMプロセスが必要となる。参考になるベストプラクティスは数多く存在しているものの、「四角い」プロセスを組織に対して「丸く」適用することのないよう注意してほしい。新たなプロセスを導入しても、チームの仕事が楽にならず、目に見える効果も出てこないという場合、人々は以前のやり方に戻ってしまうはずである。

 このため、適用するITAMソリューションは、大掛かりな設定作業やコンサルテーションを必要とすることなく、組織固有のプロセスをサポートできるだけの柔軟性を備えていなければならない。また、こういったソリューションは、ユーザーを複雑さでイライラさせることのないような方法で新たなプロセスとして自動化するとともに、実際の生産や日々の管理業務に該当プロセスを組み込めるようにしておくことで、彼らのガイド役になるような容易なものとなっていなければならない。自動的に追跡、測定できるような明確に定義されたプロセスによって、ネットワーク内にあるすべてのIT資産を管理、あるいは把握できるようになるわけである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]