編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

SecureOnlineが海外からでも快適に利用できることを実証--日立ソフト

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-16 09:30

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は4月15日、中国の大連とベトナムのハノイから統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」上の仮想マシンに対してリモートデスクトップ接続してアクセスする際にローカルPCに近い操作ができることを実証したと発表した。

 SecureOnlineはこれまで、在宅勤務で自宅PCからの接続、営業員がノートPCから接続するといった国内利用が中心だったが、最近では海外出張や海外現地法人との情報共有のため、アジア圏など海外からの利用を希望するユーザー企業が増えているという。しかし、通常国内であれば30ミリ秒以内とされている日本と海外との国際回線のネットワーク遅延が100ミリ秒以上あることから、快適に利用できる環境ではなかったとしている。

 そこで、SecureOnlineのセンターにネットワーク高速化技術を導入。2〜3月に中国とベトナムで性能評価を実施し、海外からSecureOnlineを利用する際の通信性能を検証したという。

 検証では、企業で一般的に利用されているWindows PCで利用可能なRDPを使用。海外のPCからSecureOnline上の仮想マシン(Windows Server 2003/2008 R2)に接続し、操作性能を測定した結果、高速化技術を取り入れたSecureOnlineを利用する場合に、海外からのリモートデスクトップ接続でも、文章のスクロールやキー入力においてローカルPCに近い操作を実現できるなど、十分実用に耐える性能向上が確認できたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]