編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、「Google Chrome」安定版を更新--Javaプラグインに関する問題などに対処

文:Seth Rosenblatt(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一

2010-04-30 14:08

 Googleは米国時間4月28日、「Google Chrome」の新しい安定版(バージョン「4.1.249.1064」)を発表した。前バージョンにあったJavaScriptが遅くなる問題とJavaプラグインに関する問題への対処に加え、重要度の高いセキュリティ修正3件が施された。

 1つ前の安定版Chromeにあたるバージョン「4.1.249.1059」では、Sun Microsystemsの「Java」(Version 6 Update 20)プラグインに対して間違ったパスが用いられていた。またGoogleによると、「4.1.249.1059」はもう1つ前の「4.1.249.1045」に比べて動作がかなり遅くなっていた。今回リリースされたバージョンではどちらの問題も修正されている。

 3件のセキュリティ修正では、Google URL(GURL)におけるクロスオリジンのバイパスエラーに関するセキュリティ脆弱性、HTML5を扱う際のメモリ破壊、フォントを扱う際のメモリ破壊への対処が行われた。1番目と3番目の問題はGoogleの社外で発見され、同社の実施するセキュリティバグ発見コンテストで、それぞれ1000ドルと500ドルが贈られている。

 変更ログの全文はこちらで読むことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]