グーグル、3Dウェブグラフィックス技術の方針を転換

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一 2010年05月10日 12時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「O3D」と呼ばれるブラウザプラグインのプロジェクトの一部を中止し、Mozillaを中心に開発が進められてきた「WebGL」3Dウェブグラフィックス技術に力を集中することを決めた。

 ゲームなどのアプリケーションの基盤として、ハードウェアアクセラレーションによる3Dグラフィックスをウェブで利用しようとする開発者にとって、作業を簡略化できる可能性を秘めた今回の方針変更は歓迎すべきことだろう。しかし、試験的なものとはいえうまく機能するO3D技術が、当面は出発点に戻ることになる。

 だが、WebGLが提供する3Dの基本的な部分より高いレベルでインターフェースを提供しようとするO3Dの全体的な構想がなくなったわけではない。GoogleはO3Dを、WebGLという基盤の上で利用できるプリビルドのソフトウェアライブラリとして再構築するつもりだと、エンジニアリングディレクターのMatt Papakipos氏とソフトウェアエンジニアのVangelis Kokkevis氏が、O3Dに関するブログへの米国時間5月3日付けの最終投稿に書いている。

 O3Dについての新しい方針で大きく変更されたことの1つは、「C++」で書いてコンパイルした高速で動作するプログラムの代わりに、ウェブアプリケーションで利用するには動作が比較的遅い「JavaScript」をO3Dのライブラリが利用することだ。このプロジェクトにとって幸いなことに、ブラウザを提供している上位5社、Microsoft、Mozilla、Google、Apple、Operaのすべてが、JavaScriptの実行速度を大きく改善している。

 他に問題になりそうなのは、WebGLが、「Mac OS X」や「Linux」のほか「iPhone」や「Android」ベースの携帯電話で利用される「OpenGL」と呼ばれる3Dグラフィックスインターフェースをベースとしていることだ。一方「Windows」では、Microsoftのインターフェース「Direct3D」が主流だ。Googleは、OpenGLのコマンドをDirect3D向けに翻訳する「ANGLE」プロジェクトで、双方の橋渡しをしたいと考えている。

 Papakipos氏およびKokkevis氏は次のように記している。

 われわれはこれを簡単に決めたわけではない。WebGLに関する初期の話し合いでは、OpenGLのような低レベルのAPIを駆動するのにJavaScriptでは遅すぎるという懸念がわれわれにはあり、O3Dのような高レベルでのアプローチのほうが良い結果を生むだろうと自信を持っていた。さらにわれわれは、Windows搭載マシンの多くにOpenGLドライバがインストールされていないことも認識しており、これがWebGL普及の障害になりかねないと考えていた。

 しかしその後、JavaScriptはずいぶんと高速になった。WebGLを使って開発者が作成したデモにわれわれは大いに感銘を受けたし、ANGLEについては、OpenGLドライバがインストールされていなくても、Windowsを搭載したコンピュータ上で「Chromium」がWebGLコンテンツを扱えるようになると思う。

 しかし、他にも障害は残っている。Apple、Mozilla、Opera、GoogleはWebGLのサポートに取り組んでいるが、Microsoftは次の「Internet Explorer 9」でブラウザを大きく変えようとしているにもかかわらず、WebGLにはあまり興味がないようだ。

 MicrosoftのInternet Explorer担当ゼネラルマネージャーであるDean Hachamovitch氏は、先週の取材で同社のWebGLに対する取り組みに関する質問を受け、「それは別の方式と考えている」と答え、ブラウザ上でユニバーサルにサポートされるものではないという考えを示唆した。

 Googleの見出した対処法は「Google Chrome Frame」だ。これはInternet Explorerで「Google Chrome」の機能を使えるようにするIEプラグインだが、Microsoftはこのやり方を激しく非難している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]