編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Tivoliが雲の中へ--日本IBM、稼働状況などを監視するクラウドサービス提供

富永恭子(ロビンソン)

2010-05-18 09:35

 日本IBMは5月17日、IT資源の稼働状況やパフォーマンスを監視するクラウドサービス「IBM Tivoli Live - モニタリング・サービス」を7月1日から提供することを発表した。

 同サービスを利用することでハードウェアやOS、仮想サーバ、アプリケーションなどのIT資源を監視するためのシステムに必要なハードウェアやソフトウェアの購入、導入構築作業が不要となり、オンデマンドでIT資源を監視する。小規模な範囲から利用でき、必要に応じてサービスを追加できるという。

 ユーザー企業自身が設定した条件に基づいてトラブルを事前に検知し、メールで通報する。監視対象のIT資源を24時間365日管理して、休日や夜間などの確認作業の負担を軽減し、IT資源の異常事態を即座に検知して、システムをより適切に運用できるとしている。

 対象は、OSがWindows、AIX、Linux、Solaris、HP-UX。ハイパーバイザはVMware、Citrix、Virtual Server。データベースはDB2とOracle。料金体系は、監視対象となるIT資源の数に応じた従量制で、1つの対象あたり月額6000円(税別)から。環境を準備するための初期費用は89万3000円。監視対象の最小構成は25個、最大構成は500個までとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]