編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日本セーフネット、ディスク暗号化ソフト最新版を提供開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-24 07:00

 日本セーフネットは8月23日、WindowsクライアントPCに対応したディスク暗号化ソフト「ProtectDrive 9.2」および、Windows Serverに対応した「ProtectDrive for Servers 9.2」の販売を開始した。それぞれ、64ビット版Windows 7やWindows Server 2008 R2などの最新OSにも対応する。

 ProtectDriveは、ディスク上のデータを暗号化し、盗難や紛失の際のデータ漏洩を防止するソフトウェア。内蔵ディスク以外に、USBフラッシュメモリ、USB接続外付けHDDの暗号化も可能だ。また、専用管理サーバが不要で、Windowsのアプリケーションとしてインストールし、設定ツールから、ディスク暗号化などに関する各種設定を行える。また、大規模組織での一括集中管理や設定が可能な、Active Directoryを使用した設定配信機能も用意されているという。

 また、Windowsが起動しなくなった場合、CD-ROMからWindows PE(Windows Preinstallation Environment)を起動して、暗号化されたドライブから任意のファイルを取り出すツールや、CDやDVDから起動して、暗号化されたドライブ全体を復号化するツールなど、各種リカバリツールが標準で付属する。ネットワークにつながらない環境でも、これらのリカバリツールが利用できるという。

 ProtectDrive for Servers 9.2は、ハードウェア方式のRAIDもサポートする。Windows起動前にProtectDriveのログイン認証画面(プリブート認証)を表示し、適切な方法で認証された場合にのみ、暗号化されたディスクからWindowsを起動するという。

 ProtectDrive 9.2の対応OSは、Windows XP HomeおよびProfessional(SP3)、Windows Vista(32/64bit)SP2、Windows 7(32/64bit)で、1ライセンスの税別希望小売価格は1万9000円。ProtectDrive for Servers 9.2の対応OSは、Windows Server 2003 R2(SP2)、Windows Server 2008 R2で、1ライセンスの税別希望小売価格は12万円。いずれも年間保守料が別途必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]