編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

医療流通業のスズケン、HP Integrity Superdome 2を導入--メインフレームをリプレース

ZDNet Japan Staff

2010-09-14 13:34

 東芝ソリューションと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月14日、医薬品流通業のスズケンが、「インテル Itanium プロセッサー 9300番台」を搭載した日本HPのハイエンドサーバ「HP Integrity Superdome 2」の採用を決定したと発表した。同製品は、2010年4月に受注を開始しており、今回が国内初の受注という。

 スズケンでは、経営中期ビジョンの一つとして「医療流通プラットフォームの確立」を掲げており、医療流通全体の最適化を図ることで顧客のニーズに応え、事業成長につなげることを目指しているという。このビジョンを実現するために、従来のメインフレームを利用した受発注業務を、より信頼性が高く、かつ拡張性に優れたプラットフォームに移行することを検討していたという。

 今回の、HP Integrity Superdome 2の採用にあたっては、ハードウェアアーキテクチャにおいて従来製品比450%という圧倒的な信頼性、最新のItanium 9300番台の機能を生かすプロセッサ性能とI/O性能のバランス、HPの柔軟なパーティショニング技術や仮想化機能、仮想環境から物理環境までを1つの画面で管理可能なユーザーインターフェース、省エネルギー設計などが評価されたという。

 なお、HP Integrity Superdome 2を含めたプラットフォームの構築は東芝ソリューションが担当している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]