ソフトウェアAG、BPM基盤「webMethods 8日本語版」の提供開始

ZDNet Japan Staff

2010-09-16 16:15

 ソフトウェア・エー・ジーは9月16日、同社の中核製品であるwebMethodsプラットフォームの最新版「webMethods 8 日本語版」(以下、webMethods 8)の提供を開始したと発表した。

 webMethods 8は、企業のオープンアーキテクチャと既存インフラ資産の双方を活用しながら、ビジネスプロセス改善とシステム統合を行うための基盤製品。作業に掛かる時間とコストを削減し、IT部門とビジネス部門の緊密な連携によるエンドユーザーの生産性向上を実現するという。

 webMethods 8では、従来製品よりもスイートに含まれる製品の統合を強化しているという。また、企業統合、B2B、ビジネスプロセス管理、BAM(ビジネス・アクティビティ・モニタリング)、SOAガバナンスの個々の機能についても、新機能や機能強化を行っているとする。具体的には、BPMとSOAを単一のアセットの記録システムと連携し、ビジネス部門とIT部門双方での再利用や変更管理を実現できるビジネスサービスリポジトリ「CentraSite ActiveSOA」、動的なワークスペースやアドホックなワークフローが追加されたBPM機能、Eclipseベースの統合設計環境、よりリアルタイムのパフォーマンス伝達に優れたBI機能、ビジネスユーザーがアプリケーションやワークスペースのテンプレートを構築できるセルフサービス機能などがある。

 同社では、企業がwebMethods 8を導入することで、プロセス統合またはシステム統合、およびプロセス向上のための時間とコストを25%以上削減できるとしている。また、webMethods 8へのアップグレードを検討しているユーザー向けに2日間の「バージョンアップ無償診断サービス」の提供を行うという。同サービスでは、ユーザーの現在の利用状況をヒアリングするとともに、ハードウェア、ソフトウェア構成と利用状況の確認、専用の分析ツールによる自動分析、複雑度や品質管理およびリスク、互換性のレポートを含む分析結果の報告などを行うとしている。更に詳細な情報を希望するユーザーに対しては、より詳細な分析やプロジェクト計画などを提案する5日間の有償診断サービスも提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]