編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SAP、Business ByDesignを基盤にPaaSの提供を表明--オンデマンド戦略を聞く

末岡洋子

2010-10-28 19:00

 独SAPがオンデマンド(クラウドサービス)ブランド「Business ByDesign」を発表したのは2007年のことだ。その後は離陸の遅れが指摘されてきたが、2010年2月のCEO交代以来、2人の共同CEOの下でオンデマンド戦略は急速に進展している。

 同社が10月に米ラスベガスで開催した年次技術カンファレンス「SAP TechEd 2010」で、オンデマンドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのJeff Stiles氏に、SAPのオンデマンド戦略を聞いた。

オンデマンドはオンプレミスの焼き直しではない

 創業以来オンプレミスで事業を拡大してきたSAPは、オンデマンドにどの程度コミットしているのだろうか? CEOやCTOなどのSAP幹部はオンデマンドについて語るとき、「ハイブリッド」という言葉をよく使うが、具体的にはどのような図を描いているのか。

画像名 Jeff Stiles氏

 「既存のオンプレミスがなくなることはないだろう」とStiles氏。SAPは既存のオンプレミス顧客に対しては、顧客の抱える課題の解決策の1つとしてオンデマンドを進めていく、と続ける。

 Stiles氏は「顧客はビジネス上の問題を解決したいのであって、実装のトポロジーや選択肢を最初に考えているのではない」と述べている。先に買収したSybaseの技術をもとに今後強化するモバイルを合わせ、「オンプレミス、オンデマンド、オンデバイス」の3つを連携させることで価値を迅速に提供していくことを狙う。

 SAPの顧客は大企業中心だが、中小企業向け市場の拡大にあたり、Business ByDesignはオンプレミスの中小企業向けパッケージ「Business All-in-One」「Business One」とともに重要な柱となる。そのため、Business ByDesignなどのオンデマンド製品は、オンプレミス技術をオンデマンドで提供するのではなく、新しいユーザーをターゲットに一から構築したソリューションとなる。

 「オブジェクトモデルやサービスインターフェースなどはオンプレミスの『Business Suite』と大きく異なる」とStiles氏。「共通しているのは、統合プラットフォームの『NetWeaver』を土台とした点で、プロセスは異なる顧客セグメントのニーズに基づいたもの」という。

 たとえば「Sales OnDemand」は、Business OnDemandともオンプレミスとも異なり、ビジネスの成果を得るためにチームがどのように協業するのかを設計コンセプトとした。オンプレミスのCRMソリューション上でも利用できるという。また、ビジネスインテリジェンス(BI)のオンデマンド版「BI OnDemand」もオンプレミスのBusinessObjectsと併用し、オンデマンドとオンプレミスとでレポートを共有するといった使い方が可能だ。

 「目標はオンプレミスの焼き直しではなく、顧客のニーズにあわせたパッケージの作成と拡張だ」とStiles氏は説明する。

Business ByDesignをプラットフォームにPaaSを展開

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]