編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

SAPのSybase買収は「コンシューマライゼーション」に通じる

冨田秀継(編集部)

2010-08-25 17:55

 ドイツのSAPがモバイル分野の戦力を強化中だ。Sybaseの買収がその根拠となる。

 SAPのテクノロジ戦略策定に携わる重要な人物に、SAP LabsでSVP Technology Strategyを務めるKaj van de Loo氏がいる。アプリケーションとテクノロジが結びつく場所に目を光らせるLoo氏に、Sybase買収の意義からSAPのクラウド戦略、コンシューマライゼーションなどの技術戦略を聞いた。

註:Loo氏には、SAPがSybaseの買収を完了する直前に取材した。また、特記の無い発言はLoo氏によるもの。

テクノロジ戦略の観点からいって、SAPはどのような意図でSybaseを買収したのか?

Kaj van de Loo氏 Kaj van de Loo氏

 主たる目的は「モバイル」だ。SAPは、新しいアプリケーションの(利用)シナリオをモバイルデバイスで展開する点に関心を持っている。

 最初の世代のモバイルアプリケーションは、デスクトップアプリケーションをモバイルデバイスに載せただけのものだった。それに大きな価値はあったであろうし、だからこそSybaseはこの分野で成功したのだろう。しかし、長期的には異なった視点が必要になる。

 現在のITシステムの姿は、おおよそ次のようなものだ。まず、基幹システムの上にSAPのアプリケーションがある。このインフラと(切り離されたかたちで)別個にモバイルインフラがあり、その上にモバイルアプリケーションがある。これらはバラバラで独立したものだ。

 SAPが今後こうなるだろうと考えているのは、モバイルアプリケーションが通常のITインフラの上に乗るという方向だ。モバイルアプリケーションは、全体のシステムと融合するようになるだろう。

Sybaseのテクノロジを活用したモバイルアプリケーションの新たな利用シナリオとはどのようなものか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]