編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

パブリックとプライベートクラウドの違いを知る--CTC クラウド Day 2010

大川淳

2010-11-17 09:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は11月5日、クラウドコンピューティングのカンファレンス「CTC クラウド Day 2010〜クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造〜」を東京・港区で開催した。

奥田陽一氏 奥田陽一氏

 カンファレンスの冒頭、同社代表取締役社長の奥田陽一氏は「この1年で企業のクラウド導入への機運は大きく加速している。ITの活用に際して、クラウドがコスト抑制という重要なテーマを実現できることが認識されてきた」と、企業のクラウド活用の背景を説明した。

 また、クラウド化の流れとともに「今後、企業の情報システム部門やCIO(最高情報責任者)の役割も大きく変化する可能性がある」と述べ、「クラウドでは基本的にITインフラが全社共通になり、それを預かる情報システム部門は、縦割りではなく横串の発想が必要になるからだ」(同)と、その理由を解説。「来年度はあらためて組織論に関心が集まることになるかもしれない」との認識を示した。

 「クラウドはまさに始まったばかりで、まだまだこれから。クラウドの本格導入に向けて企業が動き始める。当社はこれからも幅広い要望に応え、全力で取り組んでいきたい。当社はマルチベンダー環境に強い構築力があり、安心、安全なデータセンターを保有している。これらを柱としてサービスを提供していきたい」(奥田氏)

 CTCでは「cloudage」と名づけた新たなクラウドビジネス体系を整備。次の5つのカテゴリに分類して多くのソリューションやサービスを提供し、今後予想されるクラウド需要拡大を視野に取り組みをいっそう強化しているという。

  • プライベートクラウド構築ソリューション
  • 仮想化ホスティング
  • SaaS
  • クラウド導入コンサルティング
  • クラウド運用アウトソーシング
cloudage 新たなクラウドビジネス体系「cloudage」

パブリックとプライベートクラウドの違いを知るための視座--IDC 松本氏

 基調講演では「クラウドの潮流〜適材適所から、さらなる発展へ〜」と題し、IDC JapanでITサービス リサーチマネージャーを務める松本聡氏が登壇。クラウド導入を検討している企業向けに、クラウドの種類や最適な選び方を解説した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]