「クラップウェア」から逃れる--そのための5つのヒント

文:Michael Kassner 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年11月25日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 クラップウェアとは、ユーザーが求めておらず、欲しがってもいないのにコンピュータにインストールされているソフトウェアのことだ。いくつかその例を挙げてみよう。

  • 特定の店舗やブランド用ユーティリティ
  • お試し版ソフトウェア
  • ツールバー
  • ISP接続ユーティリティ
  • 使用期限が限られているアンチウイルスソフト

 そもそも、なぜクラップウェアが入っているのだろうか。それはPCメーカーにとって大きな収入になるからだ。ソフトウェアベンダーは、OEM製品にお試し版ソフトウェアを載せ、ユーザーの前に置くために、大金を支払っている。

煩わしいだけではないクラップウェア

 さらに悪いことに、クラップウェアは実害を与えることがある。わたしの友人が、SSDドライブを積んだハイエンドノートPCを購入した。購入してみると、ディスクをデフラグするユーティリティがインストールされており、デフォルトで有効になっていた。PCを作っている会社は、SSDはデフラグしないということを知らないのだろうかとわたしは思った。デフラグはSSDの寿命を縮めるのだ。

 クラップウェアの問題には、以下のようなものがある。

  • 通常は、機能が完全ではないか、利用期間が限られている。
  • クラップウェアには、インストール用メディアが付いていない。
  • ツールバーなどのクラップウェアは、特定の広告主の都合に合わせて、ブラウザやアプリケーションのデフォルト設定を変更する。
  • 一部のプレインストールソフトウェア(マルウェア対策ソフトを念頭に置いている)は、OSが提供している標準的な手段ではアンインストールが難しい。

 特に煩わしい、別の種類のクラップウェアもある。余計なアプリケーションを入れずに、プリンタやその他の外部デバイスをインストールするのは大変だ。これは、アップデートにも同じことが言える。

クラップウェアに対してできること

 大抵の場合、これはMicrosoftのOSを使っているコンピュータ以外には関係のない話だ。わたしは、他のOSを使っているシステムで、クラップウェアを見たことはない。では、この状況を改善するために何ができるのかを見ていくことにしよう。

1.クラップウェアのないコンピュータを使う

 MicrosoftはAppleからヒントを得て、クラップウェアを持たないコンピュータを販売している。同社は15のアプリケーションを削除した。MicrosoftのSignature Labでディレクターを務めるKen Fowles氏は、この動画でSignature PCには何が載っており、何が載っていないかを説明している。

 一部のPCメーカーは、クラップウェアのないコンピュータ(DellのVostro系列がそうだ)や、お試し版ソフトウェアのインストールされていないものを購入する選択肢(通常は高くなる)を提供している。詳しいことについては、購入前に詳しく自分でチェックする必要があるだろう。

 積極的にクラップウェアのないコンピュータを購入するのもいいが、受け身にならざるを得ない場合もある。前述の通り、ソフトウェアベンダーはクラップウェアに入れ込んでいる。例えば最近のプリンタ用ソフトウェアは、単なるドライバではない。このため、われわれは欲しいソフトウェアに相乗りしてくる不要なソフトウェアを取り除く方法を探す必要がある。幸運なことに、クラップウェアの削除に活躍してくれる無料アプリケーションがいくつかある。ここではそれらをいくつか紹介するので、自分に合ったものを選ぶといいだろう。

2.Autoruns for Windows(Mark Russinovich氏とBryce Cogswell氏による)

 大抵の場合、クラップウェアはWindowsの読み込み時に起動するように設定されている。ソフトウェア開発者は、自分たちの製品をできる限り露出させたいと思っているからだ。Autoruns for Windows(図A)は、システムのブート時に起動するすべてのプログラムを表示してくれる、便利なアプリケーションだ。このソフトは、スタートアップフォルダや、Run、RunOnceなどのレジストリキーを調べる。またAutoruns for Windowsは、Windowsがそれらのプログラムを処理する方法に応じて分類してくれるのだが、これはそのプログラムの重要度を判断するのに役立つ。後は、どれを残すべきかを判断するだけだ。

 Autoruns for Windowsのウェブサイトでは、Hide Signed Microsoft Entries(Microsoftの署名があるエントリを隠す)オプションを選択することを推奨している。こうしておけば、サードパーティのアプリケーションだけに集中することができる。

Autoruns for Windowsの動作画面
図A

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]