編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

EMCジャパンとRSAセキュリティが1月1日に合併

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-01 15:31

 EMCジャパンとRSAセキュリティが、2011年1月1日付けで合併することを発表した。合併後は、EMCジャパンが存続会社となり、両社の事業を統合。RSAセキュリティは「RSA事業本部」としてRSAブランド製品のマーケティング、営業、サポートを継続して行っていく。

 合併後の代表取締役社長には、現EMCジャパン社長の諸星俊男氏が引き続いて就任する。RSAセキュリティ代表取締役社長の山野修氏は、2010年7月よりEMCジャパンの執行役員副社長に就任している。新設のRSA事業本部の本部長には、現在、RSAセキュリティで営業本部長を務める山田秀樹氏が1月1日付で着任する予定。

 米EMCは、2006年9月に米RSA Securityを買収している。この買収により、EMCはセキュリティ事業部門を新設して、情報中心のセキュリティ戦略による情報セキュリティ事業を展開し、情報のリスク管理や適切なコントロールにより、情報資産を脅かす様々なセキュリティ脅威に対抗するソリューションを提供してきた。今回の合併でEMCジャパンは、日本においてもRSAセキュリティを事業部門化することで、情報インフラと情報セキュリティの緊密な連携を取り、クラウドコンピューティング環境での最重要課題として掲げられる「情報インフラの信頼性向上」を推進する考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]