編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

IBM、クラウドやホスティングサービスでSAPの認定を取得

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-17 20:45

 IBMは、SAP AG(SAP)より、IBMのクラウドサービスやホスティングサービス上でSAPアプリケーションの提供や導入支援を行うケイパビリティ(スキルや能力)についての認定を取得したと発表した。

 これによりIBMは、CRM(顧客関係管理)、ERP(統合業務パッケージ)、PLM(製品ライフサイクル管理)、SCM(サプライチェーンマネジメント)、企業向けサービスなどのためのビジネスソフトウェアアプリケーションを含むSAPソリューションポートフォリオのすべてを、クラウドサービスやホスティングサービスで世界中の企業に提供できるようになる。

 IBMは同認定を取得するにあたり、ホスティングやクラウドコンピューティングのインフラストラクチャ、プロセス、技術スタッフなどに関するSAPの審査に合格したという。また審査には、サーバ、ソフトウェア、ストレージ性能などを含めた、IBMのホスティングやクラウドコンピューティングの物理的かつ論理的なセキュリティプロセスの技術審査も含まれるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]