編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネオジャパン、エイトレッドのワークフローシステムをSaaSで提供

富永恭子(ロビンソン)

2011-01-17 16:27

 ネオジャパンは1月17日、同社のSaaS「Applitus」上でエイトレッドのウェブフォームワークフローシステム「X-point on Applitus」の提供を開始した。

 Applitusは、ウェブアプリケーションをベースとしたソフトウェア群をユーザーのニーズに合わせて組み合わせ、ネットワーク経由で提供する月額制のアプリケーションサービス。

 X-pointは、ウェブブラウザ上で直感的な入力フォームとウェブフォームの管理機能、データベースとの連携機能等を実現したウェブフォームワークフローという。従来、自社で使用していた紙書類のレイアウトを、ユーザー自身がHTMLフォームとして簡単に作成できるとしている。また、検索、集計等のデータ活用機能も標準機能として用意されており、プログラミングなしで自社にあわせた柔軟なシステム構築ができるという。

 今回、ApplitusでX-point on Applitusを提供することにより、ユーザーは短期間で最適なワークフローシステムを導入できるという。また、オプションとして提供される「desknet's連携アダプタ」を利用する事により、desknet'sとのシングルサインオン、ガジェット表示を実現するとしている。ネオジャパンでは、これにより、desknet'sのワークフロー機能では物足りないといった顧客のニーズにも対応していく考えだ。

 Applitusの提供価格は、ベーシックプラットホームサービスが月額1万5750円、初期構築費用が10万5000円。X-point on Applitus利用料は、1ユーザーあたり月額525円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]